「富野由悠季の世界」に行く。おすすめの展示を…
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「富野由悠季の世界」に行く。おすすめの展示を…

2019-12-09 00:49
    「富野由悠季の世界」に行くその2でござる。
    兵庫の~神戸のほうのぉ~兵庫県立美術館でおま。

    「先にお勧め展示を書いておく。
    シンプルに1つだけ

    みんな展示で疲れているであろう
    最後の部分に面白い展示があったのであえて。

    それは最後のGレコゾーンのPCで書かれた手引書である。

    初期から中期の展示だと
    全部手書きだからそっちの方を読んでしまいがちで
    かつ、ほぼほぼ文字の展示だといってもいいから
    最後に印刷されたものを
    疲れて読まない人もいるだろうけど
    この書類…

    富野ちゃんがコンテマンや動画マン(アニメーター)に向けた

    コンテとはこうするべきだ!だとか
    人物は極力動かすべきだ!みたいな

    富野ちゃんが組むにあたっての…
    最近の人向けに、アニメとは映画とは?を作業する人へ
    簡単に描いた5~6枚?手引書(富野式)

    字もちっさくなくそれなりに大き目の文字で書いてあって
    それで数枚だからホント気持ちだけが書かれている

    若い人にわかりやすいように、
    例えば「ワンピースの〇丸みたいに」だとか例えている部分だとか
    ちょろっとかかれていて、可愛らしいし
    動画の部分なんかでも、
    枚数の減らし方って書いたうえで(ボクシングで例えている)
    わからなくなったら相談してくださいとも書いてある。

    なんか、展示をじ~~~~~と見た中で最後の最後にこういった
    現代の…まるで集大成のような展示がちょこっとだけあるのが

    まぁぁぁぁあ~~~素晴らしい♪ここがお勧め展示です。」
       







    実は11月の初め?ラグビーWの最終日…に
    「富野ちゃんへの質問会」に応募し見事に当たったので
    富野由悠季の世界に行ったのだけども

    展示が膨大すぎて、質問会の時間に間に合わず、
    途中退室してしまい
    関係者の人達は今日に限り再入場を認めますと、いわれたのに
    ラグビーWの最終戦がみたかったので
    帰ってしまった(その1の話)。


    で、今回、知人と会う時間がここしかないという事なので
    2回目の「富野由悠季の世界」に参加した
    今回はズルい感じに金券ショップで1180円でチケットを購入しての入場でござる。

    とはいえ、2時ごろに美術館についてしまったので
    またやらかした感があったけど、観に行ったわけだw

    なんか11月初めのころより滅茶滅茶混んでる。
    ターンA手前までは前回みたように思う。(忘れてるがw)
    ので
    前回印象深かった部分や絵コンテの字等々ちょろちょろと…
    それでもあまり集中力を発揮できないまま、時間だけが立ってしまった
    まぁだって1回読んだ気がするし?みたいな感じで

    おねぇちゃん方は、F91の映像展示のところで
    シーブックいけめーーーーん♪っとキャッキャ♪してたりだとか
    お兄ちゃん方が展示がザンボットのところで
    雑談で「アニマックスで最近まで
    ザンボットやってて子供たちいたらトラウマなるは!」
    だとか、まぁなんだ周りの音のどうでもいい事ばかり気になってしまった。

    (シーブックってイケメンなんだ!というそりゃそうか!というハッとした感覚やら、
    別に子供はその程度でトラウマなんぞにならんやろ!富野ちゃんの言い方だと解像度、私の言い方だとみてるところが違うから、みたいなを思ったりしている。)

    やっとのところでターンAまで来た時
    先に先攻していた知人から
    「おい!2回目なんだからむしろ見れなかったGレコのところだけでいいぞ!」
    「むしろGレコがすごい」といわれ
    で、知人は休憩しとくっといって、映像展示をみていた。

    ・・・ただ、私の集中力がすでに途切れかかっていた
    途中じゃ集中できないとか言っておいて
    既にすりきれているぐらい酷使していたのだ。

    実はもう、かなり時間たっていたのだ!
    「2時前に入って2回目なのに美術館から出てきたのが6時をとうに過ぎていた」という事を考えると
    知人がやったように
    2回目なんだからGレコから見ろ!(多分逆走はよくない行為)はただしい。
    (ちなみにこの展示は見るのに4時間かかるよ!って書いてあるからね♪)

    Gレコは大好きでEDや後期OPを聞くだけでも泣いてしまう私だけども
    みたのは当時の1回だけ
    それでもあまりよく考えたことのないGレコの初期設定から全体像を見て行った時

    ゆうて、深夜2クールの作品なのになんだこの精密さは!っと共感させてくる。
    それを読みながらなるほどなぁ~凄いなぁ~
    これが73(?)の時?うっそだろぉ~っと、驚きを隠せないわけだ

    だがまぁ脳みそには読んだものがほぼほぼ入っていないとは思う
    すごいなぁ~という感想だけが残るのだw



    特に最後のGレコゾーンフロア中央テーブル展示の手引書は
    脳みそカラッカラで読まなければいかない文章だと思う。(上にかいたやつ)

    なんたって、
    超おもしろいっと思いながらも
    うまく思いだせないからだw

    コンテマンや動画マン(アニメーター)に向けた言葉で
    富野式の考え方というか、アニメ(映画)を教えるように書いてあって、

    今までの膨大な展示では
    富野がどうしてきたか?という部分が主であり。
    作品のテーマや
    嘘をそれらしく見せる為の膨大な資料や作ってきた物
    歴史であり


    むしろ、それらを他の人が作るにあたって
    考え方を客観的に簡単に述べている部分って
    実は膨大な展示上にはほとんどない気がして
    面白いと思う。
    (あるとすれば、デザインや設定画に赤ペンでダメ出しをしている部分や
    コンテでの強調させるとき等に書かれている言葉のみだと思う)

    ただ、私の映画をみている時の感覚に似ているような事もいっているから
    感覚な部分と専門性を求めたような事を
    つまりは素人(私)には100パー理解できないような文章でもあるだろうから
    思い出せないのかもしれないけど
    なんか感覚でわかった!っといえるような書き方だったと思う。

    終わり。


    手引書の事を少し思い出し箇条書き

    ・コンテは漫画ではない
    ・書き込みすぎはよくない
    ・〇だけでもよい
    ・コンテとは~(思い出せない;;感覚的な事もないたような、映画云々、ココが大事だけども思い出せない…感覚ではわかったってなった。)

    ・コップ(物)とかは動かなくてもいい
    ・人は極力動かすべき(絶対ではない、動かす理由が書いてあったけど忘れた)
    ・ダイナミックでなければならない
    ・ダイナミックでいて枚数を減らす方法
    (ボクシングでの例え、ラッシュ中に会場を見せたりして減らす、緩急・変化をつける。)
    等々??
    全部で6枚ぐらいかなぁ?

    図録は買ってないのだけども
    みほんをペラペラめくってもその部分が無かったように思ったのだけども
    (あったらゴメン)
    てか
    図録は買うべきだったかなぁ?












    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。