その姿「戦車道」もとい「タンク道」これこそ原点なのか!?「武田鉄矢ニコ生降臨時の映画その2」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

その姿「戦車道」もとい「タンク道」これこそ原点なのか!?「武田鉄矢ニコ生降臨時の映画その2」

2013-01-26 06:00

    はえー何これはえー

     タンクってはえー

      何これかっこいいー

       何これ可愛いぃー


    はーい♪私です
    先日からブロマガをはじめて
    即興で書いてるのはいいのですが

    誤字脱字のオンパレード&何を書いてるのかイミフで
    ちょっと凹む今日この頃です
    皆様どうお過ごしでしょうか?


    さて、夜に書いた映画まとめの続きデゴザイマス。





    今夜?2作目の無料配信である
    (タイムシフトで見る場合は中盤から後半だと思われ)

    タイトルはズバリ

    「馬鹿が戦車でやってくる」

    この「戦車」は「せんしゃ」っと読むのではなく
    タンク」っと読むのが正しい

    ゆえに、戦車道っと書いて

    タンク道なのであるキリッ

    さてこれ・・・
    まとめとか書いたけど

    感想・・・いや紹介にします。
    あえてストーリーは語りません

    フィーリングでも楽しめる

    これは見るべきなのです
    そうアレがはやってるだけに

    ぶっちゃけ今はやりの

    ガールズ&パンツァー」ご存知ですよね?

    が・る・ぱ・ん♪

    「私は普通の人間には興味ありません」っと言ってた主人公を
    普通の女の子だからっといってパッケージでNO!を言い渡し
    同じく女の子が前に出ているにも関わらず
    視聴してるオタキングとして
    有名な岡田さんが大好きな「ガルパン」ですYO

    アレですよアレ
    あれイメージしてよwwww

    ガルパンに出てくる

    八九式!!

    あれイメージしてよ!!!


    あれが、町の中走り回って大暴れするのを想像してごらん

    ほら♪



    アニメあるんだから想像しやすいでしょ?



    ね♪



    見えるでしょ?みなニュータイプ予備軍なんだから



    ね?



    分かるでしょ?町を走り回る様を



    ね♪ね?




    その想像の













    3倍早い 覚悟しておけやぁぁぁぁー

    それが・・・

    戦車なのであるキリッ!!!←タンクって読んでるよな?


    CGか何かなんだろ?どうせっと思うだろう?
    そうなのだろう
    普通そう思うだろう~

    しかーーーーし

    走りまくるのだよ「戦車」が←タンクって読めよキリッ
    この映画はwikiによると
    1964年に公開されている。

    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E9%B9%BF%E3%81%8C%E6%88%A6%E8%BB%8A%E3%81%A7%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B

    当然CGなんてねーよ!ハイ残念でした^^

    でもってwikiによるとあの「両津勘吉」氏が
    感銘を受けた作品として
    ワールドワイドに紹介されているらしいじゃ

    あ~りませんか!

    聞けよ国民
    葛飾区代表の方に衝撃をあたえたこの

    「戦車」こそ、究極の映像美なのである(戦車と書いてタンクと読むキン)

    見れば分かるすごいからwww

    すっごいチープにみえるの♪


    実際ガルパンで有名な
    89式って思ってた以上に
    チープなちっさい戦車なんだ

    それに似てるんだよ!オーラ的なものが造型だってさ
    そう見えるんだもん

    でもこれね、当時のお金300万つかって(大金)
    改造した戦車なんだそうだぜwwおっとタンクって読んでくれよなw

    ゆえにさぁ~
    あーーーこれを

    八九式だと思ってみたらね?面白いわけよ

    あー戦車だ・・・あれちっけー
    チープだ、ショボそうだ
    でもかわええータチコマな雰囲気をもってるぜ

    はえーーーーなんだこれ
    タンクってすげー

    あれ?突撃しちゃうしちゃったりする?

    キターーーわっぉほいほ~い
    イケーーーー突撃じゃーーーー

    まるで「アタル」を追いかける戦車in「メンドウ」のような
    なんともノスタルジックを感覚に浸れるのである

    アレに「ラムちゃん」が出てくれば・・・
    「うる星やつら」のワンシーンじゃないか・・・

    あ!!!
    もしかして押井監督この映画イメージして演出してたんじゃねぇの?
    なーーーーんて適当なことを思うほど

    戦車の魅力がたっぷりなのである←タンクって読むだっちゃ♪

    まさしく

    「馬鹿が戦車でやってくる」なのである
         ↑
        タンクだからな!約束だぞ!!

    次のガルパン放送3月までに

    確実に見ておきたい映画であると


    そう、あのガルパンを理解するのにこんなにいい教材はありません

    そう!淑女のたしなみ

    そう!!ジャンプの英雄がリスペクトするほどの紳士

    そう!!!漢とかいて「おとこ」との親和性

    そう!!!!すべてのミリオタの原点になりうる公共的映像

    そう!!!!!宇宙小戦争のアンテナ折られて海に落ちる戦車のような清々しさ

    すべての願望と夢とロマンをその戦車に引っさげて
    いざゆかん

    私はここに
    見るべきだと
    断言するのであるキリッ!!!(責任は取りません)


    ちなみに、アリーナ最前列で

    宇宙小戦争思い出した〇〇して巨大化したんだっと

    コメントしているのは私ですキリッ


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。