今週の週刊少年ジャンプ(2015 47号)の感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今週の週刊少年ジャンプ(2015 47号)の感想

2015-10-21 23:13

    本日、ジャンプを買ったので
    ジャンプの感想をば

    ジャンプ漫画の感想はこっち


    今回のジャンプの表紙は「暗殺教室」であります。

    一風変わって
    黒っぽいなにか! 暗黒めいた何かで
    崩壊する街から疾走するせんせーだったりするわけです。

    「往け、超音速の教師よ」
    「果て無き夜を超えて飛べ!!」っと書かれております。


    往けの文章は黒っぽい青文字
    果ては赤文字であります。

    多分青文字は「せんせー」単体の言葉だから
    色を変えている=除外できる部分だと理解します。

    という事で赤文字を考える

    「果てなき夜(崩壊するモノ)を超える」

    まぁ絶望の暗示でしょうかね?
    人生に置いての壁、嫉妬、妬み、限界云々

    絵では
    それらが向ってくるのを懸命に逃げている風にもみえるけども

    「越えて飛べ!」という事から考えると

    この飛行は逃げているのではなく、飛び越えようとしているのが
    わかる訳ですね。

    戦術的撤退にも見えるし、今まさに闇を飛び越えて来た瞬間にも見える。
    こういった闇は超えることができるんだ!
    という風に解釈できるわけです。

    それを考えた上での
    裏表紙を考察すると

    「私は彼女を取り戻すためなら
      いかなる犠牲も払う・・・
       そう決めたのだ。」

    と書かれている
    グランブルーファンタジーの広告でございます。

    いかなる犠牲は覚悟の表れと理解する

    問題は「彼女」は「奪われた」という事ですな

    ここでいう「彼女」というのは何を差すのかが
    読み解くカギとなるわけでございます。

    表・裏表紙から考えるに
    普通に考えれば

    「奪われた彼女」を「取り戻す」ために
    果てなき夜(苦難)を飛び越えろ!

    という事になりますな!

    う~~~ん、私なりに解釈すると
    これは「リベンジ」をしなさい。諦めるなよ!というメッセージなのかな?

    夢とか希望とか

    過去に曖昧な覚悟で挑戦し、見事玉砕してしまった。

    けど、あきらめんなよ!
    本気になれよ!
    このために全てやり遂げる覚悟(犠牲)をしろ
    どんな逆境にあったって止まるな飛び越えろ
    絶対にあの時の輝きを!夢を!忘れるな取り戻せ!

    というような、
    ジャンプ編集部からの温かいメッセージだと理解したのだけども・・・


    さらに深いというか
    今週の「ニセコイ」の意気込みを代弁している風にもみえる。

    今週の「ニセコイ」はカッコイイようでなんなのかなぁ?と思えるような感じで
    人によっては結構賛否がある気がする。
    なぜなら
    理由が「友達」だからだ!

    どうも理由が強いようでフワフワしてる感じがする

    助けるけど、お前とは友達だ!っと言いきってるわけだから
    なんというか、「可哀想」という感じが強くなっているわけで

    これだと、決死の覚悟という意味では弱い気がするんだ

    そこで、ジャンプ編集部は頑張った
    主人公は「友達だから」といったけども

    単なる友達じゃねぇ!おめぇを必ず泣かせはしねぇ!!!
    たとえどんなことになろうとも!!!
    というジャンプ気質にのっとって

    裏表紙に、主人公の覚悟を書き
    「私は彼女を取り戻すためなら
      いかなる犠牲も払う・・・
       そう決めたのだ。」

    表紙に主人公の行動を書いた。
    「果て無き夜を超えて飛べ!!」

    ここまで彼は、彼女のことを大事に思ってるんですよ!
    だから応戦してあげてください。

    みたいな

    「あきらめんなよ!」というメッセージと共に
    「ニセコイ」の主人公の覚悟を表してくれているのだ!

    なんて心優しい編集部なんでしょ~っと妄想するのである。

    値段は
    255円 300円握りしめて買いにいけば45円もどってくるから
    305円もっていけば50円になるので
    昭和62年の50円玉ゲットするためには兆戦するしかないでしょう!

    「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」と評させていただきます。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。