今更ながら、今週のジャンプランキング(2015 48号)と感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今更ながら、今週のジャンプランキング(2015 48号)と感想

2015-11-01 01:39

    今更ながらの(2015 48号)のジャンプランキング
    明日・明後日には新しいジャンプがでるんだけどね

    読み切りは中々面白かった。
    という事で

    ででん!

    1位 ハイキュー
    鼻血出たらベンチ下げられるから…
    そら、こういう人間は怖いに違いない。
    私の大好きな漫画「帯ギュ」でもそうだが
    「負けたくない」だとか、そういう気持ちが強いやつが
    最後に掴む可能性がよくある。対戦相手にこういうやつがいたら
    不気味に見えるであろうし、気持ち悪いわな

    2位 サモナー
    アニメのパロディや、武○士のパロディを挟んでくるのは中々
    ただただ、オタクが台詞でいうだけの昨今ではなく
    ちゃんと一般層で分かりそうなネタを使ってるもあるし、
    使うからには分からない人であろうと笑わせようっという努力の跡がみえる。
    (武○士の動きを真似てるから)
    まぁツッコミの仕方や返しはすこぶる漫画的なんだが「センス」はある。
    逆に昨今ではこういうコメディタッチは少ないので推していけ
    という事で「磯部」はアニメ化で浮かれてるんじゃねぇよ!
    斉木は震えていろ!

    3位 ヒーロー 相撲 ものの歩

    ヒーロー
    形状記憶合金キリッ!
    まぁこれはいいとして、自信もっていくのは大事
    私にも自信は無い。故に、前にいかんといかんね
    だから、表紙みたいに「信じないとは思うけど、アニメ化w」みたいに
    ひょうげてる場合じゃねぇぞ、磯部!気合い入れてけ!

    相撲
    チームメイトとの戦いがあるから個人戦は面白い。
    実際の戦いも1話で終わらせたのは吉
    ただ、まだ連載が短いから深い感じにはならないのはシャーないけど
    全力でいかんとはじかれちゃうもんな。
    長期で連載しての個人戦なら
    「帯ギュ」の「粉川VS斎藤」みたいになれば考え深いだろうなぁ~と思う

    ものの歩
    来たぜデビュー戦、ここにきて序盤の形についてつついてきたし
    時計の使い方、なぜ初心者が不利なことやられているのか?という理由で
    説明してるのは頭を使っている。
    ちょっとした将棋の情報をいれていかないと「将棋漫画」としてはなりえないので
    この調子でいけばいい。
    それにしてもプロゲーマー・・・ゲーマーて・・・

    4位 ワールドトリガー 背筋をピント

    ワールドトリガー
    もう、アイビスでうっちゃえよ!これは魅力的じゃん!!!
    トラップで使えるし、数個浮遊できればなんかできるんじゃね?

    背筋をピント
    文化祭みたいのから競技モードに移行
    成長してる・・・うれしいようで悲しいか…
    ここから盛り上がっていけばいいぞよ!

    5位 暗殺 
    まぁ色々と成長してるわけですなぁ~

    6位 トリコ ワンピ
    トリコ
    何が何だかわからないが、凄いことになってる模様
    ワンピ
    「りゅーのすけ」のクダリだけで高評価です。

    7位 斉木 磯部
    斉木
    サイボーグじいちゃんのクダリがちょっとね
    知らない人には見たまんまの台詞に見える。
    なんていうか、こういう単語を使うなら
    なにがなんでも笑わせる、印象に残すという気合いがないと
    その作品を使う意味がないので「ニャ○子」さんみたく台詞でいうだけ
    という風なパロディとしてはあまりよろしくないように思う。

    磯部
    アニメ化オメ♪

    8位 こち亀 ブリーチ

    こち亀
    最近ドローンばっかりでござる。遺憾でござる。

    ブリーチ
    寒気がするらしい…

    9位 カガミガミ ベストブルー
    カガミガミ
    ウサギと殴り合い
    ベストブルー
    クズという言葉は使うな

    11位 ニセコイ
    あんなに、犯罪になるでよ!とか言ってたのに
    やってる事はいつもと一緒
    意味なく空気お重くして暗くしてふったのに
    やはりファンタジー
    ただ、作風がこれだから日常に戻すためにはこうするのが一番いい
    最善作だし、当たり前なのだが
    逆に言えば日常が非日常なのだから
    犯罪だとか安易に使うと、世界観がへぼくなるってわかるやん?
    極道だとかそういう設定で、銃とか使っても当たらない死なない世界で
    犯罪だとか、病気で体がというのは、世界観的には甘いと思う。

    12位 食戟のソーマ
    この先が大事だし、これからどうなるかが大事であって
    ここで何かいうのはよくないとは思うけど
    しょーじき、(´・ω・`)となってしまった。
    この漫画は本当に料理をする気がないのであろうか?
    確かに、もはや食戟しかねぇ!ってなった時に食戟をやれば
    普通なんだけども、それすらさせないって斜め上で斬新!
    と、思いたいんだけど、
    もはや料理もしねぇって何をどうしたいのだろうか?と思ってしまう。
    まぁこの話で落としたから↑↑しかないわけだけど
    もう下がらない(退学はこの学園では普通だから)状況にしたのは
    物語的に単調にして感情を揺さぶっていこうという趣旨なんだろうけど
    この漫画って「料理漫画」じゃないのか?真下に落ちるにしても
    毎回「寿司」や「寿司のアイディア」をどんな状況でも入れて来た
    「将太の寿司」とかそういう風にはするつもりではないのか?
    なんか今週はがっかり・・・
    まぁフリなんだからいいんだけどね
    こっからドカンといくんだろうけどさ・・・

    あとは読んでないか、書き忘れなので
    ここまでです
    ラグビーみるので


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。