今週のジャンプランキング(週刊少年ジャンプ 2015 49号)と感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今週のジャンプランキング(週刊少年ジャンプ 2015 49号)と感想

2015-11-04 06:40

    さっきジャンプを買ってきたので
    ジャンプの感想と順位を書きますぅ~べんべん♪

    と、先にまず今週の見どころを書いておきます。

    1、最初から・いきなりクライマックス
    2作品でよく似た言葉が出てきている。(他にあるかもしれんけど)
    うわ、被ってんじゃん!と思ったのだけど
    よくよくみたら、「最初から」「いきなり」で違うから
    すり合わせた物じゃない普通に被ったな可哀想にという話

    2、顔の傷が変わる
    ニセコイさん大丈夫ですか?

    さて、感想と個人的な順位を書きます。
    あ、読み切りは面白かったですよ♪



    1位 左門くんはサモナー

    いやはや面白い。セリフにセンスがある
    今週は非常にベタなんだけど、ヒロインの性格がよく出ている回である
    3番目のこのキャラクターはいい味を出している。
    セリフのセンスがいいのか?そもそもそういった人間の本心というか
    そういう物に重心を置いているのが心地よい
    そもそも「天使」のはずのヒロインが
    お金稼ぎをする際に
    この前の「ズル」より健全だとか
    大物(昆虫)は万単位といってるあたり
    そうとうブラックというか良くも悪くも天然の性格がでてきてるのが
    中々に良い。普通なら悪魔の力(楽して)
    「昆虫売るなんてかわいそう」とかいいそうなものだからね
    まぁイナゴの佃煮を食べるんだから可哀想という思想は多分ないんだろうw
    でもって、密入国・密輸=犯罪ジャンという訳だ
    典型的な法律が正義思想で、法律でいいなら悪くない。という
    なんとも「いい性格」をしている。
    この面白さは…昔でいう所のGS美神みたいな
    自分の欲が前に出てくるのが面白い所なのだろう。

    2位 ハイキュー

    「わかっている こういう思考に陥った時点で俺は負けている」引用
    敵ながらあっぱれな台詞
    そして
    「点取りへの執着」自分って大事ですよね♪

    3位 背筋をピント 相撲

    背筋をピント
    この絵でみると、競技ダンスの衣装が少々Hにみえすなぁ
    とそれはどうでもよいとして
    「最初からクライマックス」という事で少々他の漫画とセリフが被ってしまっているが
    見てる視点が高いのはいい。葛藤もいいね♪

    相撲
    部長がドカンと爆発、ケガしてんだろ!っと弱点攻めるの部長は流石
    まぁそれで来るのは甘いwでもって
    鬼相手に鬼の形相なのがまたよろしぃ

    4位 僕のヒーロー
    アニメ化オメ
    今週の話は言葉にしずらいなぁ~
    どういうヒーローでありたいのか?という事だろうか

    5位 斉木
    なんか超大作な予感!?でも「いきなりクライマックス」で被らせよって…
    とも思う。
    ちゃんと冒頭に図書委員を説明し、オチに使う当たりは
    うまくやってるし、壮大にさせたのもよかった

    6位 ものの歩
    プロゲーマーというよりは「天才」な人って感じ
    ただ、こいつの内情とかの押しつけは感情が込められるから「よい」のだろうけど
    個人的には醸し出すぐらいでいいのにな…とも思う。最近のアニメ等
    全部さらけ出し過ぎに思えるから
    あと、ファンネルマインダー…昔ならイーグルアイだとかいいそう…
    まぁ個人的にはコイコイコイコイ…キタキタキタッ!
    ファンネルマインダー!!!とか言ってほしかったという
    アニメ馬鹿野郎の思想でございます。

    7位 暗殺 こち亀 磯部
    暗殺
    もうそろそろタイムリミットなのに
    楽しそう&幸せそうで何よりです
    特に4月から…という
    タイムリミットを超えた後の会話で春を迎えているのは考え深い
    あと
    しれっと、某バクマン。の実写のシーンのオマージュ(予告でしかしらんから違うかもだが)
    とかがあったりするのは、流石です。

    こち亀
    ソノシートキターーーー
    でもってレモンちゃん等のお母様って
    ホント若く見えてるんだなぁ~という感想である。
    「学生時代に買ったんです」
    ソノシートをググってみると
    どうも70年代~80年代中盤までに多めに出ていたそうだから
    まぁ・・・アニメ関係でいえば、1980年に大学生だった
    庵野や島本を考えると…なかなかにすごいです^^

    磯部
    道具が悪い!球と棒にしろ!

    8位 ブリーチ 
    全体的に意味の分からない戦いをして
    唐突に刀のおねーちゃん出てきて
    色々会話するのは何気にあり!
    その会話自体が、読者に想像させるようにしているのがよろしいね
    昨今のアニメ・漫画だと全て明確にするような感じになっているので
    こういう情緒はいる。
    が、しかし最後のアレはなんなんでしょうかね???


    9位 トリコ ワンピ 

    トリコ
    なるほど・・・わからん!!!

    ワンピ
    なかなかにゴチャゴチャしている。

    10位 カガミガミ
    終月やぶれる。ああ終わる、終わってしまう。

    11位 食戟のソーマ ベストブルー
    食戟のソーマ
    なんというか・・・先週の展開から考えると
    まぁそうなるのかな?というストーリーなんだけど
    悲壮感があるようで、個人的には無いというか?
    全体的に凄い軽い感じがする…なんとなくだけどさ
    てか、もはや料理なんて関係ねぇ
    感情の漫画にずっと前からなってるのが
    個人的にはあんまり好ましくないかなぁ?


    ベストブルー
    なんというのか、この頃やけに
    おしゃべりな水泳漫画となっております。



    12位 ニセコイ

    だから、今回のマリー編?は
    「犯罪になるぞ!」という覚悟を伴うストーリーだったはずなのに
    結果、今までと同じように
    銃ぶっ放して云々となっている
    ヘリ参上とか、そこまでの「覚悟」が無くても結婚式自体は壊す事は
    十分に可能っぽい感じになってるのがまた…
    と思える。
    まぁしかし…今週の一番気になる所は
    隠衛衆だとか
    またファンタジーな物を召喚するのはいいのだけど
    頭っぽい人の顔の傷がコロコロ変わるのが気になる
    単純に2人同じっぽい人がいるのか
    書き間違いなのか…まぁどうでもいいんだけどね

    あとは読んでないか、書き忘れです
    読み切りは面白かったよ!




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。