アニメ「昭和元禄落語心中」が面白い!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アニメ「昭和元禄落語心中」が面白い!

2016-01-09 14:25
    うわぁぁぁぁ~~
     見入っちゃったYO
      なんか釣られ笑いしちゃったYO

    はい!私でございます。

    いやぁぁぁ~深夜に見入っちゃったんだよね
    「昭和元禄落語心中」
    1話がえらい長かったんだけども、

    よくぞまぁ!いいね♪といった感じで
    来週から楽しみである!

    なんていうかさ

    歳のせいか涙腺も弱くなって、うるっとくるし
    落語でも、釣られ笑いがやけにリアルだから、
    クスクスwと釣られて笑っちゃうし、中々に新鮮だわ♪

    アニメなんだけど、アニメ過ぎず、
    本物に比べたら過剰でまだ色々と足りないのだろうけど、心地よい。

    昔から「落語」に興味があったけど、入り方がわからなかった
    私みたいな人にはちょうど良いのかもしれないな

    私は
    アニメ・ドラマ好きでも「原点回帰」というか
    行きつく先は
    「漫才・漫談・落語」なのではないか!?と思っている節がございまして、

    昔はよくラジオを聞く子♪
    そんな中度々
    自分の好きな・尊敬する人とかが
    iPod」や「携帯音楽プレイヤー」にどんな曲入ってるんですか?とか聞かれると

    「落語」と答える人が結構いたように思う。
    というか、何度か「え!?落語」っと思った

    故に
    「漫才」等に興味をもった一つの理由なのかもしれない。
    (関西在住だったので「漫才」はテレビでみれたから)

    確かに、大人に近づくにつれ、

    「漫才・落語」の話芸がいかに凄い事なのかという事を実感するようになる
    話の構成であったり、話方であったりさ、

    人と関わる限り
    言葉を語るというのは
    永遠のテーマなのだろう・・・

    という事も含めて期待大であ~る。

    あと、こういった作品に挑戦するのも素晴らしいと思うのだよ
    多分、ヒットしたとしても、そこまで「売れない」とは思う。
    商業的にはよくない。それはわかる

    しかしながら、全体的な私の思想でいわせていただくと
    「挑戦しなければならない分野」だと思う。

    現在のアニメ関連をみると、
    同じような傾向のアニメが多いと思う。
    そりゃ視聴者がそういう傾向の人々が多い・年齢層からなのだろうけど

    同じ種類のもを作っている限りは、
    アニメの「格」は上がるはずはない。

    今や日本を動かしている60代ですら
    うる星、タッチ世代なんだ
    アニメ自体には寛大、
    ならば
    どこにどう攻めるのか?もはや時間が無いのでしょ?と
    思う訳である。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。