ニコニコニュース「抱腹絶倒もの! 読むと笑えるギャグ漫画」の感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ニコニコニュース「抱腹絶倒もの! 読むと笑えるギャグ漫画」の感想

2016-01-14 02:15
  • 7

ニコニコニュース
「抱腹絶倒もの! 読むと笑えるギャグ漫画のおすすめランキングTop10」の感想をば

とりま、(このランキング内でのギャグ漫画個人評価別で()に書いておきます。)

1位  銀魂
無い
2位  ピューと吹く!ジャガー
4位
3位  荒川アンダーザブリッジ
全編読んだけどそこまでは…
4位  ギャグマンガ日和
2位、アニメの印象が強すぎるせいかなぁ?
5位  日常
5位、もっと上のような気もするけど
6位  浦安鉄筋家族
3位
7位  よつばと!
日常漫画としては大好きだけども、ギャグ漫画??
8位  坂本ですが?
わからん
9位  聖☆おにいさん
あんまり読んでない
10位 セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん
この中なら私の1位、けどアニメの印象のが強いね


というランキングでおま

なるほど…
「坂本ですが?」以外は少しは読んだことあるっすね
(聖☆おにいさんは少しだけ、荒川はヤングガンガン購読してるので全部読んだはず)

う~ん1位の銀魂は
正直いって無いかな?(パロディ路線だから)

個人的には2,4,6,10位ですかねぇ?
「抱腹絶倒」という文言の可能性を感じるならばね?
ぶっちゃけ、
私が漫画だけで上記のランキングで「抱腹絶倒」したかどうかも怪しい

アニメの「ギャグマンガ日和・セクシーコマンドー」は「抱腹絶倒」したので
可能性を感じているのかもしれないね♪

個人的に、「抱腹絶倒」というのは難しい
確かに上手い、クスクスは結構あるけど

無意識に突如やってくる「何か」、
「意味不明」な何か

でないと

「抱腹絶倒」にはならないかもしれないね

最近のよく読んでいる漫画
『しあわせアフロ田中』(アフロ田中続編)
めちゃめちゃ面白いし、ギャグ的に上手し
「クスクス」するけど
「抱腹絶倒」と言われると…どうなのだろう?

無意識に止まらない笑いの「ツボ」という意味では
非常に難しい

「ツボ」狙いというだけなら

それなら同じスピリッツの
全くわけのわからない『るみちゃんの事象』のが
「抱腹絶倒」の可能性がある気がするんだよね
バクチだけどさ

試し読みリンク(ニコニコ静止画)
るみちゃんの事象(1)

近年でいうなら
スピリッツで連載してた
『明日にはあがります。』か
「小光先生の次回作にご期待ください。」
(同じ作者)で
数度、声を出して笑った事があるかなぁ?

試し読みリンク(51ページ)(ニコニコ静止画)
明日にはあがります。(1)
(試し読みが51ページあるのに驚いた!これだけで2話ぐらいあるし
面白いので読んだってなぁ~)


確か当時の感想を書いてたような…

今週の「明日にはあがります。」は巻末コメントネタだから巻末掲載なのだ!(感想)

今のジャンプなら
「左門さんはサモナー」推しです。

まぁそれはそれとして

日常的なクスクス笑い、
意味わからん突如な笑い、
パロディな笑い

これがランキングのギャグマンガでわけられる部類になるとは思うんだけども
私はこれらを網羅した
ギャグマンガ?を一つだけ提示しておく

そう、毎回いっている

「ザ・モモタロウ」だ!

個人的には「少年的笑い要素」はこれに全て入っていると思う。
(ちなみに連載時には読んでいない)

だが、残念なことに「プロレス漫画」だから
認知されていないし、
昔の漫画だから…ていうのもあるけど

いつでもどこでもコレ推しでございます。

ホント意味わからんけど
「坂田 鋼鉄郎」と「牛馬鹿丸」コンビは鉄板!

まずパターンがわからない「ホリケン」みたいな…(でもホリケンは苦手)
いや、どことなく「村上ショ○ジ」兄やん臭を出しているものの

どれもが
個人的に「大爆笑」の渦であったと言える。

バーリア!とか言ってサランラップでバリアーを張るとか
モモタロウが壊れた自転車でこぐシーンとか
1か月目→2か月目→3か月目…餓死!

とか今でもよく覚えている。

若さ全開でなければ出来ない「ギャグ」の嵐は
今の少年誌にはない勢いだと思うのよね!

読める人は読んでほしいなぁ~

次点で「GS美神&(有)椎名百貨店」が好きだったかもw



広告
×
るみちゃんは途中で挫折しましたが、類型で思い出したのは吉沢緑時『ざんねんなこ のんちゃん』ですかね。これは映画化もされてました。

ギャグ漫画は王道は70-80年代かなぁと思います。みなもと太郎『ホモホモ7』がよくこの手の話題にあがりますが、80年代のとり・みき『てりぶる少年団』など好きでした。90年代の記事にもある『ザ・モモタロウ』は鉄板ですよね。90年代でいうと、あと山浦章でしょうか。
48ヶ月前
×
2000年以降のギャグマンガは整理されている感じで、ナンセンス主体ですよねー。キャラクタの動きやコマ割りの面白さが以前に比べて減ってる気がしますが、でもそれが今の時代にあうんでしょうね。
48ヶ月前
×
「スピリッツ」推しの私でございます。おはようございます。
「るみちゃん」は私もこの前まで挫折していたのですが、
知人いわく
「無から有」を作り出す。昨今ではとても希少な漫画なのだそうです( ゚Д゚)

私は漫画は詳しくなくて申し訳ないのですが
、確かに70-80年代、90年代前半のアニメ等とみても
全然今と違って大胆な何かを含んでいますよね。
漫画も90年代ぐらいしか知りませんが、この時の漫画も何かしら「持ってる」感じがしました。

確かに動き・コマという漫画独自の笑わせ方よりも、
突如なパロディ・風刺のような動きのないコマ+普通のツッコミ
笑わす感じは多いですよね。
純粋にキャラクターが動くだけで面白いというのは減ってきたように感じますねぇ~
48ヶ月前
×
勢いのないシュール系やほのぼの日常系をギャグ漫画の括りにしてはほしくなかったな
48ヶ月前
×
>>4
ギャグは「シュール」「日常」系以外もありますものねぇ~
48ヶ月前
×
ああ、モンガー。www
深刻な時に限って現れるモンガーが大好きだったな。
48ヶ月前
×
>>6
そうそう、深刻なときに
歯抜けの髪の毛抜けて、ケケケケみたいなこと言ってるモンガーが来て
皆様にぼこぼこにされたりするんですよねw
48ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。