『牙狼 –紅蓮ノ月-』で知人が騙される!(感想)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『牙狼 –紅蓮ノ月-』で知人が騙される!(感想)

2016-01-18 06:09

    「うわぁぁぁ~~騙されたぁぁぁぁぁ~」
    ( ゚Д゚)
    でも、バラされる前に気付いてたぁ~

    と、土曜電話で叫んでいた知人

    このラボライボーしゅきでぇ~
    「牙狼好き」硬派な知人は


    常々「紅蓮ノ月」は違うんだよなぁ?と言っていた

    私は飛ばし飛ばしでしか見てないので
    ふ~ん?と言っていたのだけども

    知人いわく

    「前のアニメ「炎の刻印」は、
    アニメでしか出来ない事をやっていたんだよ!

    でも、この「CG」は何でこんなにもトロトロしてるんだ!
    時代的に横の動きできない(高い建物が無い)のに
    こんなのでいいのか?(つまりかっこ悪い)

    何か違うんだよなぁ~~~!!!」

    と、まぁ常々いっていた。


    そんな知人が金曜日にメールにて

    銀色のやつさぁ
    (新しい牙狼?、私はみてなかったのでよくわからなかったのだが、)

    アレの動きがオカシイんだよね…
    もしかして、騙されてる?

    とか言い出したのだ、

    今までが「フリ」なのか?
    ダンクーガ合体みたいなものなのか?
    でも、長すぎやしないか?


    あ~~~
    「ダンクーガ」で私もなんとなく理解する。

    ダンクーガの合体って非常に遅い。
    ずっと分離状態で戦うロボットアニメで

    十何話だっけ?ひたすら合体をしない。

    あれは、
    タイトルが「超獣機神ダンクーガ」なだけあって
    合体するのがわかっていた(OPですでにわかっている)

    引っ張ってひっぱり通したのだ

    故に、
    武装が無いから「格闘のみ」
    空を飛べない!
    TVだけじゃボスは倒さないという理不尽な事になっても

    合体が超遅かったので

    おおお~合体しったったで
    みよこの「神」の力を!だけでかっこよく終わるのである。


    知人はその「隠された力・動き・本気度」を隠すために
    カッコよく動くだけで賞賛されるために

    丸々1クール分を

    金色の鎧が「鈍足、遅い、飛ばない、カッコ悪い」
    あり得ないぐらい長い「フリ」をしている

    と言ってきたのだ。


    そして、土曜日に
    「騙されたンゴぉぉぉぉ~」


    と言ってきたわけでござる

    それ+ちくしょう…
    騙されるなら、完璧にだましてほしかった

    前回で気づかれるようなら「1クール」使うなよ…と
    愚痴をチラホラ

    そもそも、
    素早くなる前にめっちゃ遅い展開
    敵に囲まれるシーンを「3回」ぐらいやるんじゃねぇYO
    天丼にすらなってねぇぞ!これは引っ張り過ぎだぞ

    と、戦闘CGにご立腹

    しかしながら、
    ここまでよく引っ張ったもんだ、
    ここのカッコよさの為だけにさ

    ほんと、色んな意味でやりおる…っと
    「騙された」事は嬉しいようであった。


    まぁ?そのあと
    明日「オルゴールね?」とも言われるんだけどw



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。