「あの音」を鳴らしている楽器をまとめてみた。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「あの音」を鳴らしている楽器をまとめてみた。

2014-01-27 05:17
  • 31

◆ディナーチャイム

  
迷子のご案内などの館内放送に使われる「ピンポンパンポ~ン」を鳴らすための楽器。
調べたものの何をもってディナーなのかはいまいち分からず。商品名なのかな?

型にもよりますが、Amazonなどでは10000~15000円ほど。

◆チター(ツィター)

 

琴に似たチロル地方の弦楽器。チーターでもツイッターでもない。
エビスビールのCM曲として有名な映画「第三の男」のテーマソングに使われている。

価格はだいたい10万円前後。

◆クイーカ

 

皮についた棒を湿った手や布でこすって音を出す楽器。打楽器に分類される。
「できるかな」のゴン太くんやゼル伝のゴロン族の声はこの楽器。
FLASHにも使われた「死ね死ね団のテーマ」でも伴奏で聞くことが出来る。

価格は6000円ちょい。

◆ビブラスラップ

いわゆる(゚Д゚)カァーッ!! という効果音を出すための楽器。通称「与作」。
北島三郎の「与作」に使われたのは「キハーダ」というロバや馬の骨を使った楽器なのだが
、骨を使ってるがゆえの壊れやすさや個体差を解消した代用品がこの楽器。

価格は3000~5000円ほど。

◆シタール


インド音楽でお馴染みの音色を出す弦楽器。音程を取る弦は一本だけで、指で抑えたり引っ張ったりして音程とアレンジをつける。鉄弦のため指に食い込んでめちゃくちゃ痛い。
タモリ倶楽部で紹介された際に「世界一痛い楽器」として登場したほど。

価格は5万~10万円ほど。

◆フレクサトーン

ピキリキリリリーンというガンダムのニュータイプの効果音に使われている楽器。でんでん太鼓とミュージックソーを合体させたような構造かしら。
連続した音だけでなくピョイ~ン↑という間の抜けたジャンプのような単音も出すことができる。

価格は4000円ほど。
広告
他21件のコメントを表示
×
ニュータイプこの楽器だったのか面白い
71ヶ月前
×
ニュータイプの直感音の元祖にびっくり!!
71ヶ月前
×
ヴィブラスラップとフレクサトーンは絶対にあると思ったw
71ヶ月前
×
(゚Д゚)カァーッ!!
71ヶ月前
×
ニュータイプの音は始めて知った。ありがとう!
71ヶ月前
×
ビブラスラップ、これ楽しいよな
71ヶ月前
×
(゚Д゚)カァーッ!!←表現的確すぎるwwwww
71ヶ月前
×
すげえ…今まで知らなかったわ…迷子の奴とか初耳
71ヶ月前
×
(゚Д゚)カァーッ!!って人がやってるって勘違いしてた歌手が居るらしいw
71ヶ月前
×
(゚Д゚)カァーッ!!のやつは数年前にふかわがテレビで使ってたから知ってた。
71ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。