東方航星譚・今後の予定について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東方航星譚・今後の予定について

2016-06-25 23:44
  • 12
皆さまお世話になっております。三流クリエーターくずれです。
初めて書くブログがこんな内容なのが何とも申し訳ありません。

さて先日来唐突な出来事で私自身かなり混乱しておりまして、
Twitterでも静画でもかなり支離滅裂なことを言っておる次第です。
ことの成り行きについて少しばかり説明させていたいただます。

先に言っておきますが、私や「東方航星譚」がお叱りを受けたわけではありません。


「AXANAR事件(仮)」
少々長くなりますが、発端は一年ほど前にある動画がYOUTUBEにアップロードされたことがきっかけなのかと思われます。
トレッキーな人なら想像つくかと思われますが、これ。
https://youtu.be/1W1_8IV8uhA

プロアマ混合の有志がつくったスタートレックの二次創作動画、
”Prelude to Axanar"という作品です。
宇宙大作戦の前日譚となる戦争を描いた大作。
最早ファンメイドの枠を超えた素晴らしい作品です。
そう、素晴らしすぎたのです。
これがファン活動、旧来のスタートレックをリセットしたがっていた版権元である
ParamountPicturesの目にとまってしまいました。

スタートレックは元来、原作者、スタッフ、キャストが番組のファンと一緒になって育ててきた文化でした。
現代の宇宙開発にも大きな影響を与えています。
数々の宇宙飛行士や物理学者が番組の影響でその道を志し、
NASAのスペースシャトルが「エンタープライズ」と名付けられたり…

しかしこれはお金にならないのです。
原作者のジーン・ロッデンベリーと奥様のメイジェルが亡くなった後、
版権元であるParamountはスタートレックの「社会的文化」から「受けるコンテンツ」への転換を図り始めました。
そこで邪魔になってきたのが旧来のファン活動です。
公式と何ら変わらないクオリティの二次創作ファンムービー。
これらの多くの同人シリーズにはそれまでのシリーズに携わった脚本家や出演者も積極的に参加、VOYのヴァルカン人戦術士官トゥボック役の俳優ティム・ラスなどは陣頭指揮をとってファンムービーをプロデュースするほどの入れ込みよう。
一方今までの「狭く深い」ところから「広く浅く」ヒットする映画を目指してるParamountの作品は従来のスタートレックとは別物。
これではどっちが公式なのか分かったものじゃない。

そこに出てきてしまったのが、"AXANAR"なわけです。
Paramountは、このファンムービーを著作権侵害で訴えてしまいました。
本来公式作品が好きで、応援する意図で作っているファンムービーを、
こともあろうに公式が訴えたのは前代未聞の出来事。
著作権、法律と商売の上では当然の行為ではあります。
しかし、スタートレックはこうしたファン活動によって育てられてきたコンテンツ。
このままではファンと公式が乖離してしまう。…旧作を切り捨てたい公式としては願ったりかなったりですが。
同じくファン活動でなりたつスターウォーズ畑出身で現在のスタートレックをプロデュースするJ.J.エイブラムスからしてみれば会社の対応の拙さは信じられないレベルだったようです。
J.J.と新作「ビヨンド」のジャスティン・リン監督はParamountと直談判し、なんとかこの訴訟を取り下げるよう働きかけました。

そうして訴訟は取り下げられ二次創作のガイドラインが公式から示され事態は収拾の方向へ向かうかと思われました。が。


映像制作のガイドライン
こいつがとんでもない曲者でした。
あまり私情が入るとまずいので簡単に。

・商業利用の禁止…これはまあ当たり前
・クロスオーバーの場合は相手側の許可も必要…うん
・CBS/PARAMOUNTのライセンスの明示…それはそうだ
・STARTREKの名称の使用禁止…ん?
・映像作品は単品15分まで。2分割の場合は30分以内
 続編、複数エピソード、シーズンシリーズ禁止…え?
・ファン作品はアマチュアでなければならない。
 プロのクリエーター、俳優の参加禁止

この程度ならかなりの譲歩、ガイドラインとしては当たり前、と言う人もいます。
が、スタートレックの二次創作ファンムービーは、多くの項目でアウトなのです。
個人で作ってるCGムービーはともかく、多くの作品はテレビシリーズの流れを受けたシリーズもののドラマ。
Continue、NewVoyage、Renegades、それにAXANAR。
これらは全て制作不能。
ガイドラインはあくまでガイドライン、ではありません。
訴訟の取り下げの代替の代物です。
ガイドラインからはみ出せば即訴訟がちらついています。

これは完全なファンムービー潰しなわけです。
米国の著作権問題ならこのくらい当たり前、ではありません。
ルーカスは二次創作を推奨していて公式映像のMADすらOK、と言ってます。
著作権ゴロと思われがちなディズニーも非営利作品に対しては驚くほど寛大です。

多くのトレッキーにとっては関係ありません。
公式を甘受すればいいんですから。
あくまで二次創作をする人間にとってだけの問題です。
ぶっちゃけ日本でこのガイドラインの影響があるのは二人だけです。

どちらにしろ私はこのガイドラインに従います。
つまり動画をアップできない、ということです。


今後について
この問題がその他作品の二次創作にも波及するんじゃないか、という危惧もありますが、
まあ私がとやかく言うことではないので置いておくとして、
東方航星譚について。

正直海の向こうでも昨日のガイドライン発表直後から大ブーイングが起きています。
J.J.が黒幕、という展開でもない限りいずれ撤回、という流れもありえます。
それまでは私のシリーズも動画制作を休止させていただきます。
復活…出来るといいなあ。

・・
・・・
黙って先細りにしてたまるもんですか。
趣味だからそれなりとか言う誰かさんと違ってこちとら命削る覚悟でやってんです。
心血注いだ作品をゴミ箱に放ったりなんて出来ますかい。
構成プロットだけなら3シーズン目までの24話分考えてあるんです。

幸いガイドラインで締め付けられてるのは動画だけです。

・脚本状態で公開
・小説にする
・漫画

形を変えてでも公開していきたいと思います。
でも絵が描けないんだよなあ(チラっ)

まず制作中だった第二話にかんしてはMMDを静画マンガにしてさらすつもりです。
お付き合い願えれば幸いです。

2016年6月25日
KOJO記録

↓こんな感じ? アドバイス求む。



広告
他2件のコメントを表示
×
な、なるほど。
と、私はただのゆるーい東方とスタートレックを個別で大好きモノです。なので東方航星譚、私には大好物作品のひとつです。
昨日、御作品制作の雲行き良くない旨つぶやいてらしたのをみて「何事?後でちょっと調べてみよう」とか思ってたので、まとめていただいてよくわかりました。ひきつづき形を変えての続編、楽しみにしておまちしておきます。
一例としてのMMD&コミック形式ですが、このページを見る限りストーリーを追う分にはばっちり、と思います。個人的な要望としてはコマ割り、擬音表現とかモノローグ(状況説明文)は日本の青年誌くらいが読みやすいですね。
でもやっぱり船(特にワープとか)のシーンだけでも別ページでGifとかPngなんかで、とちょっと考えましたが…動いたらもうそりゃ動画ですよね。それが出来てもコミックとしてはちょっと見辛くなってしまうかな。

毎度本当に楽しみにしていたのでこのような形になってしまったのは残念ですが、今は致し方ないことと了解しました。…うう、くどくなっちゃってすみません。広大な宇宙空間&英語音声+東方その他MMDキャラの織り成す雰囲気、めっちゃ好きだったんですー。
40ヶ月前
×
古今東西、クリエイターと言う業種は、様々な規制と闘い続ける宿命ではあるのでしょうけど、
確かに端から見ても今回の公式さんの対応は酷いものみたいですね

恥ずかしながら、自分はスタートレック自体、名前は聞いた事あったものの、その存在に興味を持ち始めたのはごく最近です
それも、ニコニコ動画で、おそらくは日本で影響があるというそのお二人の動画見てから、だったりします
そして、同じくニコ動内の解説動画とかを見て、辛うじてその中身や製作経緯を知るくらいの超にわかに過ぎませんが
それでも、このジャンルが、公式というか、原作者、著作権者さん?が世界各地にスタートレックと言う世界観の種を撒き、その芽吹いた種をファンが色々な形に育てていって今がある、様な作品である事はおぼろげながらにもわかりました

まあ、確かに、商業的にも、世界的な種苗会社が、利益を独占するために、各地で改良された種を、訴訟と言う除草剤でみんな枯らせてしまおう、という行為も、営利団体である以上わからないでもありませんが、それはもうあかんくらいこのジャンルは広がり過ぎてる様な気がしてなりません
多分、それをやると、自分達の種だけ生かすつもりが、結局の所スタートレックと言う大樹そのものを殺して、何も生き残れなくなるっていうのを、ご紹介のJ.Jと言う方もわかっておられるのかもしれませんね

このスタートレックと言う大樹が、それを育てたファンごと枯れてしまう前に公式が気付いてくれると良いんですが
これから世界中のファンと公式との綱引きが始まるのでしょうが、公式の浅薄さと著作権が勝つか、それともファンの広さと作品への熱意が勝つか、自分もこれからもスタートレックと言う分野が死なずに居て欲しいというにわかファンの一人として出来る事はあまりありませんが、せめてその結果を見届けられたらと思います。長文失礼しました。
40ヶ月前
×
しかし、こういうスタートレックのニュアンスだけを使った完全な別系統の物語でもやっぱ規制は掛かるものなんでしょうか?
まあ、アメリカは日本よりもこういう著作物への規制は厳しそうですし、下手の事は言えませんが、もう少し様子を見ても良い様な気もしました。
やっぱり映像で見たい、というか、やっぱりあの間や、BGMやセリフ込みで見てみたい、というのは一東方航星譚ファンとしての偽らざる思いなので
まあ、今後どうなるか?ですよねぇ・・・

今後、公式とファンとの間のキャッチボール?公式の大暴投?なりビーンボール?なりをファンがどう打ち返して、それがどう帰結するのか・・・
でも、それを待つのも時間が掛かっちゃいますよね・・・
まあ、ニコニコ静画の方も今ではマンガ部門が出来て、きちんと動画の様にコメが流れる仕様になってるので、それはそれで楽しめると思うのですが

最初は本編とはまた別の、それを補完するような日常の小エピソードみたいなものから始められても面白いんじゃないかと思いました。しかし、確かにMMDでもやればこういう風に漫画に出来るのか・・・と、例として出されたマンガが結構それっぽくて驚きました。そういうのは全然詳しくないので、アドバイスも何も出来ませんが、強いて言うならアメコミ風の感じにしても、東方航星譚には合うんじゃないかなぁとちょっと思ったりしました。
40ヶ月前
×
>>7
人生には引くべき時と意地を張るべき時があり私の選択すべきは後者であると思います。
スタートレックの二次創作を始めて20云年、一つの文化の参加してきました。
今回の件はただ著作権、知的財産の問題ではなく文化の問題を多分にはらんでいます。
極東の隅っこの私なんぞが踏ん張ったところで大勢に影響なんざ有りませんが、
黙って受け入れればいいという物でもないのです。
エンタープライズを飛ばすために始めたMMD。
動かすことは出来なくなってもちょっとくらいは頑張りたいじゃないの。
MMDドラマは他にやることありますしね。
40ヶ月前
×
始めまして。いつも楽しませていただいてます
このたびのことは大変心痛の至りです
パラマウントの姿勢が今後変化してくれるといいのですが・・・

ところで大変気になっているのですがST創作作品でお二人(もう一人の方はお分かりですね)
は当初(今から数年前ぐらいでしょうか)はよい雰囲気で互いに創作されていたと思うのですが
ツイッター等を拝見すると最近はあまり芳しくない関係のご様子
一体何があったのですか?
あちらの方はKOJOさんの今回のご指摘に感謝の言葉をのべられてるご様子ですが
何とか仲直りすることは出来ないのでしょうか?
40ヶ月前
×
>>9
聞かれたから白状しますが、当時なんとなく同じようなものを作る、と考え方も趣味も合わないのを上っ面だけ誤魔化して交流していた部分がありまして。これはずるずる付き合いがあってもあまり良い影響はない、ということでお互い機会をうかがってわざと喧嘩別れしたというのが実情かと。仲直りはあまり必要ないんですよね…多分。
40ヶ月前
×
なるほど。
分かる様な気がします。
言いにくいことを聞き出してしまったようで申し訳ございませんでした

今回のパラマウントの対応は残念な事態になってしまいましたが
今後のうp動画ももこっそり注目させていただきますよ~


※実は以前うpされたマイティジャックの動画に「杯に・・・」と書いたのは私です
 当時は本気で「出してみたらいいのに。もったいない」 と思ってました・・・
40ヶ月前
×
始めまして。動画見ました!すっごい面白かったです!
私は東方、スタートレック共ににわかファンではありますが、どちらも好きなので最高でした!
現在の創作状況などを知りたくてこのブロマガにたどり着いたのですがまさかこんなことになっていたとは・・・
確かに影から裁判沙汰が睨んできているとなれば、二次クリエイターとしては辛い限りだと思います。
ちなみにKOJOさんのは動画内において両原作「東方」「スタートレック」双方の要素をうまく取り入れた独自の世界観を築いていらっしゃいますので、私個人としては「東方航星譚シリーズ」は原作双方に干渉しない新しい世界観だと捉えています。そして、「AXANAR事件」に関してはその世界観が本家シリーズに干渉しうるものだったから公式が動いたのでは、と愚考します。なまじ大金が動いただけに公式としても取り入れるか、否定するか、選ばざるを得なくなったのだと…。
まあ、それにしても明らかにやり過ぎだし、本来ならば公式は選ぶ必要などないのですけどね。
だから、このシリーズも規制対象に入るとは限ら…限ら…やっぱ怖いですね。

静画マンガ、見やすくて私にはとても良いように見えます!やはり先に動画を作っておいてフィルムコミックのように製作されているのでしょうか?コマ割りなどは難しいので、最初は四コマのように形を決めておいてこなれて来たらドラゴンボールやケロロ軍曹等のイラストレーター畑出身の漫画家の作品の構図を参考にされると良いらしいですよ。
今後の製作状況がどのように変わっていくかはわかりませんがいつまでも待っています!お体にお気をつけて、マイペースを崩さずに頑張ってください。
38ヶ月前
×
長編の上映を防ぐためだから、1エピソード2時間を15分のぶつ切りアップロードなら抵触しないのではなかろうか。(超希望的観測)
32ヶ月前
×
始めまして。
某所のコメントで「スタトレのファン映画はシリーズ通して30分以上できない」という話を聞いてましたが。
そういうことだったんですね。

KOJOさんの動画が好きで私もスタトレを軸に何かやりたいなと思ってたんですが。正直残念です。
ただ、漫画は大丈夫なのですね。漫画楽しみにしてます。
26ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。