【シムシティ】SS集Vol.008:バージョン2.0キタコレ時代(後編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【シムシティ】SS集Vol.008:バージョン2.0キタコレ時代(後編)

2013-06-01 12:38
  • 3

2.0キタコレ時代のエンジョイ勢市長さんの街スクリーンショット集。

後編だよ!
前後編だとおもったら、前中後編だったよ!!

<ものか>さん
某政党のモチーフをもとにしたAAをもとに敷設された道路アート。
シム達がこの街をいかに愛し、賛美しているかが伝わってくる、かもしれない。
まさに道路を愛する者のために設立されたものかさんの街、いや、道。すごいぞ。

↓夜に見た街の入口。
 ほんとうに入口なのか不安になるが、遠くまで続く道路建築は荘厳ですらある。

↓でもって昼。
 夜よりもカオス感が増すのは気のせいか。

↓入口周辺をちょっと俯瞰で。
 ものかさんがシム達の道路建設技術をフルに活用した結果、生まれた景観。

↓7連立体交差とウィリスタワー
 下を通る大通りと橋脚の干渉なし。お見事!
 使いみちは置いといて、存在こそが目的なのだ。

↓丘の上から望んだ夜景。
 吊り橋と東京タワーって相性いいよね。

↓夜景を低地側から。


<れーじ>さん
碁盤状都市といえば効率都市の代名詞みたいな感じだけど、
れーじさんは一味違ったアプローチ。
碁盤の目の一区画をかなり大きく取った地区設定が印象的な街。
大きな四角形の中央部分は、採掘施設、駅、公園などを配置、林もある。
こんな都会いいよね。

↓ウィリスタワーと東京タワー
 背景には地域に元々ある白い吊り橋。市長は赤色しか建てられないのだ。
 造れる橋の種類、もっと増やしてほしいよね。


<副長>さん
都市外の吊り橋上空から望んだ副長の街。
丘の上は主に鉱業地帯。低地にはその労働者と家族が暮らす街並みが見える。

↓丘の上にある駅と、続々と到着する列車たち。
 緩やかな起伏をなぞる鉄道と道路は、えも言われぬ魅力がある。

↓夜間も操業しつづける鉱業地帯から見た、三日月。
 働くシム達も、月に目を奪われることがあるのかな。


というわけで、前・中・後編でお届けしました、2.0キタコレ時代のスクショ集でした!

では、また次号や生放送でお会いしましょう!


広告
×
ものかさんや副長さんの街ってどこだたっけ?と思ってたら、ここだったのですね。
これも見応えがあるなぁ…
完成楽しみにしてます。
85ヶ月前
×
消えた画像の保守と、改稿、終わったお!
85ヶ月前
×
コメントが入ると、また写真の見方が変わっておもしろいなぁ。
東京がれーじさんの街みたいだったらいいのに。
副長さんのところも、なにげに立体交差があっておもしろいんですよね~
85ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。