自作曲解説|晴れと透明
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自作曲解説|晴れと透明

2019-06-21 00:03
    どうもこんばんはシカクドットです。

    自作曲「晴れと透明」の解説です。


    元アレンジ

    55ymtkさん主催の音街ウナロックコンピに出した曲のリアレンジ版です。
    https://booth.pm/ja/items/1041090

    ギターが弾けないことを理由に、イントロと間奏、2サビを大胆に削った構成にし、
    「…いっそ3分切ってみっか!」とテンポや余韻を微調整して見事3分を切りました。

    Aメロでのブリッジミュートの半音の動きが、実際にギターを手に取って生まれたフレーズって感じで好きです。
    メロディとぶつかっていたりもするんですが、和音というよりリフ的なので自分はあんま気になってません。

    ブリッジミュート弾いてる右ギターが生で、ほかのギターの打ち込み感をマスキングしてくれています。

    アウトロでベースが動き出すのは「感情アンプリファイア」でもやっていたりします。やりがち。




    リアレンジ

    ギターをのぶ(@Nobumning)さんに弾いていただきました。

    元の曲では片側で鳴っていたブリッジミュートギターを、曲を通してダブリング。
    サビ入りへのギターも動きがつきました。

    特にでかいギターアレンジの変化と言えばアウトロのギターソロが良いですよね…
    ギター入れてもらえるならせっかくということでお願いしたんですがすごく素敵なソロです。



    イラスト

    イラストはいろどりかえる(@kaeruekaru)さんに描いていただきました。

    光と水、その反射の表現をよく描かれている印象があるので、
    「晴れと透明」という曲名のイラストを描いてもらうならぜひこの方にと思って依頼しました。

    髪に水色が入っているアレンジが良いですよね。
    音街ウナ2周年記念イラストにもみられるこの水色のオタマン帽は
    水色と黄色の配色なので、髪に黄色を入れた場合でもカラーバランスは十分良いんですが、
    そこで水色に合わせてくるのがオリジナリティもあってすごく印象的です。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。