2016年 朝日杯FS & ディセンバーS 予想!!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2016年 朝日杯FS & ディセンバーS 予想!!

2016-12-18 12:11
    秋のG1 0勝6敗3分
    チャンピオンズカップ回顧
    ※いや~ヤベ~よ、ヤベ~よ(*>ω<;) 負け続けている。
    ていうかノンコノユメは一体どうしたんや。去勢失敗ってそんなアホな・・・(´-д-;`)
    サインもクソも無いぜ全く。あそこまで走らないのは完全に誤算。他はそれなりに想定内の決着だっただけにきっついわ~。

    阪神JF回顧
    ※とにかく1人気のソウルスターリングの収拾で非常に悩みました。牝馬なのにサトノダイヤモンドみたいな性能。血統的に早熟かもという不安は当然ありましたが、そもそも2歳のこの時点ではほとんど関係ない。むしろ早熟の方がここは有利。よって、かなり堅い決着はまぬがれないだろうと判断して見送りました。数頭穴馬を絡めてもしょぼかったしね(´・ω・`)
    結果的にはまあスルーで正解というか損せずすみました。よって引き分け\(^o^)/
    追記:今年も無事に藤沢厩舎がG1に勝利。私の十年来通っている床屋の常連さんとして藤沢先生が来ているので、ここでささやかなお祝いを申し上げておきますv^^v

    第68回 朝日杯FS
    ※参照データ 1991年~ (牡馬と牝馬の2歳G1が分かれた年から)


    ◎ミスエルテ
    無敗の1人気馬(6-5-2-1)←圧倒的な複勝率!!
    ※中山だったら牝馬wwwwと笑い飛ばしたが、阪神千六は逆に切れ味鋭い牝馬にとっては美味しい舞台。勝つとは言わないが3着内はさすがに外さないだろう。とは言えファンタジーS組は阪神JFでも勝ち切れない馬が多いので2,3着軸がいい。

    ○サトノアレス
    ※まだ底を見せておらず、怖い一頭。外枠なので捲り決め打ちだろう。四位騎手も極端な枠が良い傾向にあり、2度もタイトルを取っている舞台。問題無し。ディープ産駒は要警戒。

    △モンドキャンノ
    京王杯2歳Sの独自データから抜擢。該当する馬で2歳G1に進んだ馬は過去7頭おり、
    成績は(0-3-1-3)。しかし、5着内率は100%。負けた馬3頭は全て5着だった。よって、今回直線で粘り切れる可能性が最も高いのはこの馬。

    この3頭をメインにいつものデムーロとルメールを紐に入れておけばいいでしょw。

    実は今回、朝日杯がメインじゃない!!

    本命は中山11R「ディセンバーS」
    参照データ  ~1990年  
    基本的に条件、開催時期、場所はほぼ固定。距離が千八と二千でまちまちに行われているがデータでまとめるとあまり変わらないので全て含めてのものしています。

    ◎ライズトゥフェイム
    超中山巧者、データにズバリ嵌る。頭は無いが2,3着固定の軸。
    冬に良績多し、中7~9週(1-1-2-1)、中山芝(5-1-3-6)
    ○スピリッツミノル
    調教絶好調、この馬も実は寒い時期がいい。中3週は勝負駆け。

    上記2頭をメインに総流し。とにかくこの2頭が入ればウハウハ\(○^ω^○)/

    はっきり言って朝日杯なんてやってる場合じゃないw

    スピリッツミノルはちょっとデータから外れているが、このさい配当優先。調教優先。
    たのんまっせ~蛯名先生m(__)m












    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。