七夕賞の攻め方
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

七夕賞の攻め方

2015-07-12 01:42
    先週のラジNIK賞とCBC賞は華麗にスルー(∩.∩)にんまり
    特にCBC賞はガチガチでしたねw
    ラジNIKはアンビシャス1強だったのでこれもスルー。

    というか紐が読み切れなかったというのが正しいですね。
    それにしてもミュゼの勢いはとにかく凄いww
    何やらきな臭い話もちらほら、どちらにしても美容と健康食品は鉄板やね~。
    だいぶ社台系列から良い馬流れているようで・・・ソースは地下。

    因みに個人的にバゴ産駒って本当に面白いですよね。
    なんというか、バゴ系は次の世代でより進化しそうな気がするんだよな~。

    と余談はここまでまずは七夕賞から行きましょう。

    七夕賞の攻め方(1990~からのデータ
    ①前走重賞を使った1人気馬の戦績(2-4-5-3)ほぼ鉄板軸!!
    ②秋のG1レース見据えている馬は、ただの叩き。ここは捨ててOK
    ③外枠はあまり過信しないほうがいい、内枠ベスト

    データ的にもこの七夕賞は秋のG1戦線に直結しません。
    尚且つハンデ戦なので賞金加算には向かない。
    何だかんだ言って関東の騎手が優位性を発揮するレース。
    以上の事から今回は決め打ちで行きます。

    2,3,6,12 の3連単BOXで勝負。

    ユールシンギング
    最近、極端な乗り方で盛り上げ上手のウチパクさん。大分持ち直してきたこの馬を
    うまく調理してくれそうなんですよね。データ的にもエプソムからの巻き返しも多いので
    ここは決め打ちで行きます。

    ステラウインド
    恐らく今回はスピード勝負にはならないと判断、先行組が揃い最後はスタミナ生かす粘り勝負。調子自体はかなり上向き。更に本質的に中距離向きなので近走の成績はあまり気にしなくていい。ここは勝負でしょ。

    レコンダイト
    データにのっとり、外す事は出来ない

    アルフレード
    さすがに外せない。本来は不向きな福島も3着までなら大いにあり得るので紐に加えます。



    プロキオンSはパス。
                                        以 上

























    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。