「不思議の扉 午後の教室」(大森望 編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「不思議の扉 午後の教室」(大森望 編)

2020-05-30 00:00

    顔ぶれが豪華だったので購入した一冊。長編小説で活躍されている作家がほとんどなので、短編で満足できるかというと、また別な話ではある。

    恋愛の絡まない有川浩は有川浩じゃないし、古橋秀之ってこんな文体だっけ?小松左京と平山夢明は流石というべきか、筋がはっきり見えて面白い作品になっていたが。

    アンソロジーを読むときって、人気作家とか新作家の顔見世というか、発掘する楽しみがあると思うのだが、それでいうと若手の作家たち(というほど若手でもないと思うが)の作品はそれぞれの雰囲気を味わえて、他の作品を読んでみたくなったので、企画意図に沿っているかも。逆にベテランのほうはしっかりとした作品を読んだので満足してしまうというか。

    仕事の目的を確認して取り掛かれとか、いかに効率的に目標を達成していくかが重視されているが、そんなことを考えず武骨に力を込めた仕事をするのもかっこいいと思うし、大事だと思うんだけどな。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。