「フリーダムズ・チャレンジー挑戦ー」(アン・マキャフリイ)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「フリーダムズ・チャレンジー挑戦ー」(アン・マキャフリイ)

2020-06-04 00:00

    最終巻だけ読むことができず、20年以上放置していた作品の最終巻である。最後までストーリーが思い出せず、読み終わってしまったが、思い出せないということは覚えていられるほどストーリーに重要性がなかったということなのだろう。

    ストーリーよりも日常や感情描写に重きを置くのがこの作者の特徴だと思うのだが、そこそんなに掘り下げるの?というぐらい執拗に細部を描きこんでいるので、筋を追わずとも楽しめる。

    SFで恋愛を主題に書くのがこの作者の基本だと思うのだが、主人公がパートナーと結ばれた後の話なので、恋愛パートは弱め。20年以上前の作品なのに、キャラクターの造形に違和感があまりないのは、日本は結局いろいろな意味でアメリカを追随しているということなのだろう。主人公がパートナー以外の子供を産むことに葛藤がほぼないのは理解不能だが。

    作者の白眉はパーンの竜騎士シリーズなので、もし読むならそちらをどうぞ。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。