「神々の山嶺」(夢枕獏)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「神々の山嶺」(夢枕獏)

2020-07-17 00:00

    ジャンルが幅広い作家である。何を書いても夢枕獏らしいというところが、ジャンルは違うが北方謙三と同じである。両者とも確立した文体で、幅広いジャンルを執筆するのだが、両方とも男臭いのも共通項である。

    夢枕獏の作品を見るたびに、分量が多いなあと思うのだが、読むたびに、すぐ読み終わってしまったなあと思う。短文を積み重ねる文章が読んでいくにつれて読む速度を加速させるというのもあるのだが、そもそも本の下半分が真っ白なことも多いということもあるのかもしれない。

    ここら辺が、北方謙三がバーで葉巻を燻らせながらウイスキーのロックを傾ける大人なイメージに対し、夢枕獏が格闘技に打ち込み欲望に忠実に生きる獣みたいな若者を描くイメージで別れるところなのだろう。まあ、どっちもハードボイルドなイメージではあるが。

    主人公がどれだけ年を取っていようと、若々しく荒ぶって見えるのが、根っこが今でも新伝奇にある証明であると思うのだ。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。