「愚か者の盟約」(佐々木譲)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「愚か者の盟約」(佐々木譲)

2020-07-01 00:00

    年々齢を重ねるごとに、不倫や浮気に対する許容性が無くなっていっている気がする。若いころなら割り切れていたし、むしろ男の甲斐性とすら思っていたのだが、だんだん異物感が大きくなっていき、最近では物語にこの種の要素が入ってくると、それだけで評価が下がっていく。やっぱり純愛物が一番だよね。現実では難しいだろうけど。

    政治ものになると愛人だの浮気だの、下半身系の話に必ずと言っていいほど触れるのは、なぜなのだろう。それも話の本筋に関係ないところでちょくちょく入ってくる。この作品も、別に下半身事情などなくても成立する話だったのでは。そもそも、主人公に清廉さを求めるなら、不要なエピソードだと思うし、不倫相手に一途でも、不倫である以上、潔癖でも清潔でもなんでもないと思うのだが。

    ついでに言うと冒頭でエクスキューズを入れてくるのは、潔くないし、かっこ悪いと思うのだ。男なら自分の描いた作品を胸張って出さないかん。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。