「子どもたちは狼のように吠える」(地本草子)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「子どもたちは狼のように吠える」(地本草子)

2020-08-11 00:00

    ノワールって最終的には主人公が不幸になるよな。因果応報、勧善懲悪はなんだかんだ言っても物語の大前提になっているということなのであろうか。

    謎にホモセクシュアルの描写が多いだけで、話の筋自体は単純だし、どこかで読んできたような感じがする。まあ、作者自身も話でオリジナリティを出すというよりも、少年の物語を綴りたいという欲求が大きかったのだろうと思うが。

    話が単純な分、読みやすいとは思うが、いわゆるティーン小説のような青少年向けの作品であると思う。早川書房に多い、ライトノベル作家の発掘の一環であろうか。ライトノベルと一般文芸との境目がはっきりしていて、越境できるのは一握り。その中でも成功するのはさらに一握りしかいない。桜庭一樹が筆頭であろう。また早川書房といえばSFだ。小川一水や野尻抱介などがライトノベル出身だが、この作者は生き残れるのだろうか。またライトノベルに戻っていきそうな気もするけど。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。