「天使は探偵」(笠井潔)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「天使は探偵」(笠井潔)

2020-08-14 00:00

    探偵ものというか新本格というものは探偵の設定が作品の良し悪しの大部分を握っている。そう考えると、設定自体は成功している作品ではないのだろうか。

    まあ、新本格になってくるとトリックの巧拙など遠くかなたに行ってしまうし、結局探偵のキャラクター小説として楽しめるのか、ただ読み物として純粋に面白いかどうかだけが評価基準になってしまうのであって、作中にあるような探偵とは何なのか見たいな小難しいことは一切考えなくてもいいと思うのだが、作者としては一生懸命考えているのであろうか。そんなことより肩肘の力を抜いて、ゆるりと脱力した作品を書いていただいたほうが娯楽として面白い軽妙な作品が出来上がると思うのだが、如何。

    とはいえ、事件はそれぞれ異なるトリックが施されており、様々な本格的なトリックが楽しめるらしい。流石ベテランミステリー作家というべきであろうか。設定が風変りなので、それだけで楽しめてしまったのだが。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。