「日野富子」(松本幸子)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「日野富子」(松本幸子)

2020-10-16 00:00

    日本史に残る女性為政者は何人かいるが、日野富子もそのうちの一人である。北条政子との類似性を感じるが、北条政子と違って評価されないのは、結果的に治世が成功しなかったという一点に帰せられるだろう。

    どちらも自分の子供や幼い将軍を傀儡におき、実験を握ったところまでは一緒であるが、北条政子はその後鎌倉幕府の興隆を導いたのに対し、日野富子は室町幕府の衰退を招いた。時代が違う、状況が違うとは謂うものの、権力を完全には掌握できなかったところも含めて、日野富子の評価が落ちるのは致し方のないところであろう。

    元を正せば、足利尊氏が天下を完全に掌握することができなかったというところに問題の根本がある。将軍に絶対性がないが故に、重臣の反乱が続発し、権力闘争が武力によって図られるのである。これらも偏に足利尊氏が天下を統一できなかったという一事に尽き、資格のない天下人を建てた天の罰が下り続けたとも言えるだろう。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。