• 40℃超えた時に見た夢

    2019-12-25 19:09

    古いつくりの木造でなん階建かわからない広大な住居。
    猫が沢山住みついていて、恐らく飼っているのだろう。
    電気を付けると猫たちは毎度驚いて逃げていってしまう。
    そしてほとんど気配も残さずに居なくなるんだ。
    俺はそれを知っていて、電気を付けられて逃げる猫のうち、
    トロいやつを手で捕まえる。驚いた猫は手をがぶりと噛み、
    むしろ逃げるのをやめて手から腕へ全身を使って絡みついてくる。
    こいつの名前も毛色もわからない。わからないなら
    いっそのこと適当に「タマ」と呼んでみるとびくっとなって
    すっといなくなった。ありゃ、気に入らなかったのかな。

    洗濯物を干していた。
    外でも洗面所でもなく、押し入れに。
    押し入れには裸電球が下向きに吊るされて煌々と押し入れを照らす。
    その下に鴨居のような部材があり、ネックレス程のサイズ感の
    鎖に吊るされたプラスチックのハンガーがあり、そこへ干したいのだ。
    しかしその鎖が絡まったイヤホンのケーブルよろしく複雑に
    絡み合っていてプラスチックの部分が脱落してしまっていた。
    ああこれはあの猫たちの仕業に違いないと絡まった鎖のパズルを
    解いていく。奮闘し、ついにすべてが解け、鎖が真っすぐな
    細いパーツとなり、これを鴨居とプラスチックにつなぐことで
    ハンガーが吊るされるのだ。

    しかし何度挑戦してもうまく行かない。ネックレスでいう繋ぎ目の
    「C」みたいになっている部分、ここにスライド式の細工があり、
    「C」の隙間を広げた状態にしながら鴨居の穴に合わせたい。
    ところが合わせようと近づけると「C」の隙間が閉じてしまう。
    作業している自分の体制が悪いのか、不器用なのか。
    踏ん張っている足に散っていった猫たちが集まってくる。
    何匹も8の字をかく。ははあこれは知ってるぞお腹が空いたときに
    するパフォーマンスだ。エグザイルだって腹が減ったら8の字
    するもんな。そんなこと言われたってこの広い木造住宅の
    どこに餌があるのか、そもそもないのかもしれない。これは
    無視を決め込むのが得策だと考えハンガー修復作業に没頭した。

    努力の甲斐もあり、鴨居にたまたま鎖がかかり、後はプラスチックの
    部材を取り付けるのみとなった。こちらにも穴が開いており、ここに
    鎖を通して、それからどうするんだっけ。ここで原型がどうだったのか、
    思い出してみる。全く思い出せない。思い出せないどころか知らない
    のだった。しかもこちらの鎖の先は「C」部品ではなく、ただの鎖だった。
    どうしたものかと思案中に足元へ急に激痛が走ったのだ。

    すわ、痛風か!
    と、足先の方を見ると先程まで8の字にすり寄っていた猫たちはおらず、
    脛だけが骨むき出しになっていた。


  • 広告
  • 黒歴史クリーナー

    2019-12-24 19:23

    メリークリスマス!(心底思ってない)

    今回から少しずつ、ツイートアナリティクスで振り返る黒歴史過去ツイートを
    ちょいちょい語ってみようと思います。2.3ヶ月分ずつかな。記憶力がぱーぷーなので、
    コレを頼りに過去を振り返ってみます。これ書いたからって過去のツイートを
    消すわけではないので念の為。

    形式は今後探っていくとして、とりあえず都合よく1ヶ月で区切られて色々と項目が
    見れるのでこれを元ネタに書きます。あまりこういうのやってる人居ない気がしますが、
    これってひどい自分語りになっちゃうからかなぁ。
    あと1ヶ月毎にツイートまとめて見返すいい方法がないかなと。
    練習がてら、古いものからやっていきます。

    Feb 2019 • 28日間
    pic.twitter.com/LI29SQZ06q

    今年の2月、葬儀のため東京から山口県へ飛びました。
    人の死は突然知らされるわけで、しかもこういうのは健在なんだし父が行くもんだと
    完全に油断していたところに父から頼む代わりに行ってくれと言われ、そこからがもうね
    大変だったわけですよ。仕事の調整して行きは飛行機、帰りはもうどうにでもなぁれ~
    というチケットの手配。礼服も急遽作りましたよ。香典を包む袋や表書きの依頼。
    大変だったけど、いとこ(故人の子。ハg)がとても喜んでくれたので無事に終えて本当に
    良かったなと。ツイートの写真は自分で撮ってしみじみ。火葬場で待ってる間の一枚。


    Mar 2019 • 31日間
    https://twitter.com/a2003581/status/1106710683796664320/photo/1

    3月は新元号の話題で盛り上がってましたね。「令和」どうですかみなさん。
    自分はまだ全然馴染めてません。正直もうやめてほしいくらいに思っています。
    れいわ、れいわと漢字を思い出す間に2019って書けちゃうし。おじいちゃんかな。

    他の話題はというと、コンビニで寄ってきた鳥の名前が知りたくてツイートしたら
    即2つくらいリプが来て。困ったことに意見が見事に割れていたので
    見なかったことにしたと思います。聞くのちょっと迂闊だったかな。


    Apr 2019 • 30日間
    https://twitter.com/a2003581/status/1116877284726542336/photo/1

    4月は引っ越したのでそれまでよく行ってたラーメン二郎、環七一之江店とのお別れに一枚。
    このやる気なさそうなもやし。ここは何がいいって暑い日でも汁なしがアチチアチチとならず
    麺に濃い汁が吸い込んで最高の味わいになるんですよ。あと唐辛子が荒いのと細かいのと
    2種類あるのが本当に大好きでしたね。今の最寄りは野猿街道2号店になりました。

    あと、
    https://twitter.com/Jin115_2nd/status/1119345189825339392

    ノーマン・リーダスって誰?という人のために説明すると、ウォーキング・デッドで
    クロスボウを使っている俳優さん。最近だと「デス・ストランディング」に出ていると言えば
    わかるかな?来日してジューシーハニー2打ってたんだってさ。※知らん人はググってみよう。


  • それでも視力は良いほうがいいのでス

    2019-12-19 20:50
    自慢じゃないけど視力は1.5ありました。
    約500メートルは先のバスの行き先が見え、今発車したバスが目的地を含むバスかを見極めて
    最寄りのバス停へ先回りすることができました。今じゃ前を走る車のナンバープレートが
    ぼやけ、文字のシルエットで群馬なのか練馬なのかもわかりません。0.3くらいでしょうか。

    ここ数年がくりと視力が落ち、ついに次の免許更新時には免許の条件に「メガネ」が
    ついてしまう。このメガネ野郎という烙印が一生ついて回るのだろう。自動車、バイクを
    運転するときには必ずメガネを掛けなければ道路交通法違反で何千円の罰金刑となるのです。

    コンタクトレンズを付けて裸眼と言い張って免許の更新を受けようか本気で悩んでいます。
    もしくは、裸眼で運転して警察官に止められ、指摘されてもコンタクトレンズ装着中を
    言い張って違反を逃れようとかだんだんものの考えまでもが狭く矮小になった気がします。

    何故視力が良かったのでしょうか。おそらく、子供の頃は活字を読まなかったから。多分。
    マンガは多少読んだけど本は読んでいませんでした。新聞もしかり。

    大人になって、活字、特にパソコンの文字を読むことが多くなりました。
    子供の頃から活字に慣れ親しんだ人はこれが苦にもならず、ほいほいと仕事をこなして
    しまうのでしょうが、こちとらマンガ以外の活字なんて読んでこなかったんでい、みたいな
    アホの子は数十分ですら活字と対峙することが厳しいのです。

    よく、学校の成績だけじゃ仕事ができるできないはわからないとの主張を目にしますが、
    これは仕事をするようになって活字への耐性を推し量るものであると思えば納得です。
    多くの大人がそう云うのであればそれに逆らってまで自分の可能性だけを信じて
    のし上がっていくのは相当に厳しい。そういうモノサシが長年使われてきただけの
    実績は確かにちゃんとあるのです。

    もちろん学力試験で現れるのはそれだけでは無いというのはわかりますが、
    全く当てにならないという主張は肉体的精神的に子供であるものが大人への
    抵抗を試みたかっただけ、というのがおおよそ真実ではないかと。

    もっとも、そんな地味な作業を必要としない、目よりも体を使う仕事であれば
    学歴、成績なんてクソの役にも立たないのはわかります。要領の良さも
    その成績を出す過程を考えるに計画性や効率性、順応性を推し量るのに
    ちょうどいい、最大公約数的にそうなので、若気の至り発言を真に受け
    自分が成績が芳しくない言い訳には決して使ってはいけないぞ。おじいちゃんとの約束だ。
    誰がじじいやねん。

    今回はこんな話をするつもりじゃなかったけど、その話の前置きとして
    この辺で勘弁して差し上げよう。ありがたき幸せ。
    本を読まないでおっきくなっちゃったおっさんが書くとこうなるのだ。