日本のアマの選手とかがブラジル相手に個で勝つ時代
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日本のアマの選手とかがブラジル相手に個で勝つ時代

2019-06-17 07:34
  • 4
トゥーロンですが、ほんと日本の層の厚さ
育成の凄さ、そして湧き出てくるような素材集
凄いですよね。
日本の大学生がブラジルのプロ選手に個で勝つ時代ですよ!

特に相馬と三苫 素晴らしかったです。
三苫はポスト中村憲剛でしょう
相馬はポスト長友では?

という事です。
広告
×
FWの体力面が気になりました。
気候が違うからというのは大いに理由として挙がりそうですが。

相馬と岡崎がすごく良かったです。
相馬はブラジル相手に効きまくりです。
岡崎もブラジル人の止め方をわかってらっしゃる。
まだ22歳ですから!この二人には特に注目したいと思います。
1ヶ月前
×
私は、ブラジルもコパの為、実質2.5軍相手とはいえ、日本も2.5~3軍レベル、しかも大学生が含まれるメンツでここまで戦えるようになったのかと驚嘆の思いで試合を見ました。
まだプロですらない彼らが、ここまでブラジル相手に日本が戦える時代になった。
U22世代かもしれない、でもU22は普通に大人ですよ?、10代じゃない。
ブラジルの圧倒的優位は、ブラジルサポーターや世界のサッカーファン、世界のマスコミが伝えていました。
大量点取れる決勝になった!とさえ言うトコもあった。
フタを開けてみれば、ここまで15得点奪い、無失点で決勝まできたブラジル相手に、日本は得点を奪い、ブラジルに初失点を喰らわせた。
最後まで日本とブラジルは対等の戦いをし、PK戦まで持ち込んで負けた。
ルール上勝敗つける為とはいえ、スコア扱いではPK戦はドロー扱いになります。
若き日本代表は、胸を張れるでしょう。

今回、U20 U22 A代表と3つの代表を作らねばいかなかった、しかもコパはA代表に強制招集権の無い大会なので、各海外クラブは、レギュラー陣の日本代表要請を断る事態が重なりました。
その中で、何とかJFAは3つの代表を作り出し、ここまでの成果を上げた。
これは日本にとっても凄い大発見、大発掘、予想外の大健闘と言えるでしょう。
日本はもっと自信を持っていい、

以前は例え、ブラジルが2軍や3軍相手でも、日本はA代表でも萎縮して点差以上の大敗する内容ばかりでした。
それが今やどうです?。
ここまでボール保持して、攻撃してブラジルを脅かすサッカーが出来るようになった。
20年前、いや10年前でもいい、ここまで日本がブラジル相手に戦える時代が来ると、誰が思ってましたか?。

日本サッカーの未来、めっちゃ明るいです!。
1ヶ月前
×
英文ツイートでも、日本が優勝に相応しかったとの声が数多くありました。師匠の言う通り記録では2位ですが、1位を見るような目で見てくれている方が沢山います

スカウトも沢山来ていたようですし、選手たちの今後が楽しみですね!
1ヶ月前
×
ブラジルは海外でプレーする選手も多い中、大学生とJリーグの選手たちであの無失点のブラジルに互角の戦いですからね。
手が届かなかったブラジルに同点、ブラジルは焦ってましたからね。五輪でリベンジしたいですね、ブラジルが弱くなってると言う方はいるかもしれませんがそうじゃなくて日本が強くなっている

あとは戦術や監督、審判のレベルが向上すれば日本から海外で活躍する選手増えるでしょうね、アルゼンチンにもアンダーが圧勝してますし!

という事です!
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。