• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 「アケカスさん」act.1とact.2のあいだ

    2019-11-20 17:53  
     向井地美音総監督時代のAKB48が「日常に寄り添う」という、ある種のビルドゥングスロマン的な世界観から離れた価値観を目指すなら、ヲタクの作法も変わってくるんじゃないか、なんて考えるわけです。
     
     この番組のタイトルを決める際にどうしても入れたかったフレーズが「アケカス」でした。
     出演者の1人の縣氏が常用しているフレーズである事もありつつ、一番の理由はこの番組が有識者()による批評や評論とは遠い位置にあることを端的に示す良いフレーズだと思ったからです。
     だって有識者()はガスの元栓を長時間チェックしている話はしないでしょう。
     批評や評論では、辛いラーメンをひたすら食べるかどうかにはなかなかリーチしないでしょう。
     でもヲタクの“日常”なんてそんなものだと思うんですよ。
     
     私たちは、ただ感覚と幻想についてだけ語るべきである。まちがっても、理念について語ってはいけない。理念は、私た