【※個人の意見です。】稼働から4か月 maimaiでらっくすの現状について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【※個人の意見です。】稼働から4か月 maimaiでらっくすの現状について

2019-11-11 10:42
    ※この投稿内容は個人の意見に基づくものであり、しみ杯運営等の組織の見解ではありません。

    去る2019年7月、maimaiでらっくすの稼働に伴い、maimaiユーザーを取り巻く環境はめまぐるしく変化を遂げました。
    一部店舗で8月末までオンライン稼働を続けていたFiNALEに残留する方も多く、プレイヤーが足並みをそろえてmaimaiでらっくすというゲームに向き合い始めたのは9月に入ってからのことです。今回はそんなでらっくすの稼働当初と現在の比較を様々な形で所見として述べていこうと思います。

    ①タッチノーツについて
    音ゲーライブ2019でのコハDのプレゼンも記憶に残っている方は多いのではないでしょうか。「難しいだけの音ゲーにしたくない」という気持ちからタッチノーツという新たなノーツを追加し、難易度インフレからの脱却を図ろうとしたものでした。
    稼働当初の印象は…(ゲームの当時の仕様も相まって)あまりいいものではなかったです。
    そもそも今までどのノーツの処理にも、「ボタンの打鍵音を聞ける」という共通点があったものから決定的に乖離していましたから、今でもタッチノーツにはなかなか慣れないという声も聞きます。これは新スライドが実装されるたびに起こった批判に近いものなのかなととらえています。
    度重なる修正アップデートの甲斐あってか、先日公式Twitterでも告知された通り、「問題なく遊べるレベル」までは戻ってきたかと思います。(暴発やトラスキバグなどは今でもちらちら報告が上がっていますが。)また、タッチノーツを入れることで表記難易度よりも簡単に感じる曲も多いです。物足りなさを感じたとたんにTitaniaなんか追加するんだから、そのあたりのバランス調整は今のところうまくいってるように思えます。
    なにせ、「譜面の完成度は総じて高水準」を維持しているのは、新ノーツを使った新たな挑戦を繰り返している譜面ボーイズに頭が上がりませんね。稼働時にUSA白を思いついた-100号はやっぱり頭のねじ飛んでると思う。まとめると「前より格段に良くはなった、慣れも必要だけど。」といった感じに落ち着くかと思います。

    ②稼働時と9月に入ったアチーブメント変更について
    これ今でも頭を悩ませている人は多いのではないでしょうか。
    まず稼働時に、FiNALEまでのスコアを「理論値=101%」に統一する案分処理がなされました。これ自体も曲ごとにブレイクの点数の価値が変わってくるためかなり物議を醸した点であると思います。
    一番まずかったのが「レート値が一番もらえるのが100.5000%以上」ってところなんですよね。FiNALEまでで苦労して鳥乗せた曲がレート値に反映されないという何とも歯がゆい状態でした。
    この声が大きかったのか、9月頭には「旧基準の鳥のラインを100.5000%にする」修正がされました。これがいけなかったなあと個人的には思ってます。
    なにがいけなかったかというとタイミングですよね。稼働が始まってから曲のアチーブメント配分を変えるってどういうことかというと、"FiNALEまでで鳥乗せていた曲たちは再計算されるわけではないので、結局もう一度鳥を出さなきゃいけない。"ということです。
    自分の例なんですけど、グロリアスクラウン紫鳥が"鳥以下である。"と判定されていたり、"フレグラ紫50落ちが100落ち扱いになっていたり"するんですよね。
    修正当時ほど嘆く声も聞こえないですし、今では私も「そういうものだ」と納得はしていますが、結構辛かったりします。ハイスコアをFiNALE時から塗り替えていないものは、再計算の対象にしてもよかったんじゃないかなと思います。後の祭りですが。

    ③暴発バグについて
    度重なるアップデートによって、稼働当初のこまごましたバグ、ボタンとパネルの無反応についてはほぼ解決をしていますが、いまだに運営からも明記されていない、でも確実に起こっているバグが「暴発」です。
    仕組みはよくわからないですけど、センサーを触った時と、センサーから手を離した時両方に触った判定が出る"時がある"んですよね。これ確定で出てしまうならそういう仕様だってことになるんですけど、出る"時がある"っていうのはちょっとどうしようもないというか…。
    特にFiNALE以前の密度の高い曲ではスライド終点とタップが重なるものも多く、再度いいスコアを出そうとすると運ゲーになってしまったりします。
    もちろん判定のない瞬間があるので、そこに合わせていく「慣れ」を要求されているのなら、そうせざるを得ませんけどね。今までも巻き込みを意識して同じ形のスライドでも、前と後ろの配置によっては全く違う意識で取っていた、なんてこと、多くの人があるんじゃないでしょうか。治ってくれたらうれしいですが、現状「まあそういうものだな」と理解はできる程度のものではあると思います。

    ④多くのPV削除
    これはきっと大人の事情でしょう。新マイマイマーのPV消えてたのはさすがにショックでしたが、仕方ないものは仕方ない。

    ⑤KOPについて
    どうして今maimaiでらっくすでやろうと思ったんだろう?ってのが一番思うところではあります。Twitterで物議を醸している例の件については、予選に参加こそしたものの圏外になった私が口を開くことではないのでこの場では伏せさせていただきますが、でらっくす稼働4か月で全国でブロック決勝を、しかも曲が13,13+のランダムであるというのはなんかどうなんだろうって…。
    ブロック決勝を時期をこんなに大幅に分けて行っているのも考え物かなと思ったり。
    コハDとJackが全国を回れるというのはありますが、関東Aブロックと最後に行う九州沖縄ブロックでは2か月の差異があり、それどういうことかっていうと「決勝のくじ引きの曲プール」が変わっている可能性が大いにあるんですよね。些末な問題ですが。この期間中に13以上の追加曲が入れば後の方のブロックほど対策する範囲が広がっちゃうって公平ではないんじゃないの?と思ったりします。外野ですけど。
    とある人の所見ですが、「ご意見ちょ―だいをもう一度全国を回ってしたいんじゃない?」って言ってる人がいました。あーなるほど修正もだいぶ済んで今でらっくすのフロントラインにいる人たちの言葉が聞きたいわけね、と。参加者の方たちがどうあれ、これからこのゲームがいい方向に進んでいくための一助になる試みなのであれば、これやはり「そういうもの」であると処理せざるを得ませんね。

    ⑥(運営の誰かへ 公式ツイートの文面をiPhoneのメモ帳スクショで上げるのはちょっとさすがにどうかと思う。あとKOP出場者は、うまさだけを追求するのならなおさら"どの参加者も、平等に扱って"ください。「過去の経歴」を無視するなら「過去の戦績」も無視してみな同じ「でらっくすでまっさらになった、一人の強者」として向き合ってあげてください。多分そこの贔屓とか担ぎ上げる姿勢を求めているユーザーは、運営が思っているよりもずっとずっと少ないです。)

    こんなところで。

    しみず

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。