【開催まで3週間】しみ杯のあれこれについて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【開催まで3週間】しみ杯のあれこれについて

2019-11-25 16:14
    寒くなってきましたね、しみずです。

    様々な物議を醸したしみ杯準備期間、参加予定の方をはじめ多くの方にご迷惑をおかけしております。

    さて、今回のしみ杯は過去蒲田で開催をしたものとは方針を45度くらい変えてあることは、Twitterやブロマガを確認いただいている皆さんはご存じの通りかと思います。

    中には参加希望をしたけれど、「思ってたのとなんか違う?」と思う方もいらっしゃるかもしれないなと思い、今回はしみ杯に寄せられた声とか、開催にあたって今後のコンセプト部分についてのお話をさせていただければと思います。



    【構成に関して】
    過去参加された方はご存じの通り、しみ杯は大きく2部構成での開催をしております。
    1部がいわゆる個人戦、トーナメント戦といわれる、純粋な実力を問うものであるのに対し、2部はチームに分けて行う交流目的の対抗戦です。
    今回からは2部構成をチーム戦2つにわけることにいたしました。
    理由は前記事などでも触れていますのでそちらをご参照いただければ。
    まぁ、契機となったのはもちろん個人戦エントリーにおける不正行為の防止策を明確に提示できなかったことによるものですが、KOPの発表以降、考えていたものではありました。
    理由としては、そもそものしみ杯の由来によります。

    今からさかのぼること4年前の4月。
    自由が丘で第一回となるしみ杯が開催されました。
    開催の経緯についてはいろいろなところで話していますが、前身である「でんこ杯」のチーム戦進行のお手伝いをさせていただいていたところに起因します。
    このチーム戦での運営?を買われ?当時のセガ自由が丘店長であり元新杉田セガ、セガブリーズ店長を歴任していたバーグさんに軽いノリで頼まれたのが始まりです。
    (本当に軽いです。本人が休憩中にTシャツ一枚で鉄拳やりながらお願いしてきたの今でも覚えてる)
    つまりしみ杯は「チーム戦の運営」が基となって始まったんですね。
    であるなら、なんやかんやあって大きくなったしみ杯の戻ってくる場所として、「初心者もランカーも等しく楽しめる場所」というのは、ある種至極全うだったのかもしれません。

    もともと個人戦、チーム戦2部構成をよりガチガチにしようとして蒲田2回、3回のしみ杯を企画していったわけですが、その根底には「天下一がなくなった今、誰がナンバーワンか決める場所も作ったほうが話題性あるよね」というのがありました。
    だからKOPがしっかり盛り上がりながら進んでいる今、この考えはいらないんですよ(笑)

    (実際前回しみ杯は全国から人集まっていたし、ファイナリスト経験者が6人、チャンピオンが2人、なぜか紛れ込んだKAC経験者、舞舞舞・・・実現できる最強のラインナップであったと自負しています。
    それはつまりそれだけ多くの人が最強を決める場所を求めていたってことなんじゃないかなぁと思います。
    思い返してもいい誕生日だったわい。)

    なのでしみ杯の目指す場所はKOPとか、eスポーツとしてのmaimaiでらっくすではなく、「ゲーム」としてのmaimaiでらっくすの大会です。
    Twitterでもかっこつけて書きましたけど、万人に批判されても1人が楽しかったってツイートしてくれるなら、朽ち果てるまで続けていくつもりなので、みんなついてきてね。


    【クイズについて】
    第3回(FiNALE最後のしみ杯)のときのクイズがやたらと好評で。
    前回もセットアップ中の余興で披露したクイズなんですけど、今回も味を占めて10問くらい用意しています。
    難易度帯については・・・ちょっと難しいかも。古参に見せると「あ~wwww」って言ってくれるようなものが多いですが、初心者の人とかは歴史の勉強しているような気分でついてきてくれると嬉しいです。
    maimai始めたころの私が高校1年生、今や社会人2年目に突入し、いろんなコミュニティで最年長格、いわゆる老害()に差し掛かってきました。
    そんな中で「昔のmaimaiってこんなだったんだよ!」ということを共有する機会って、なかなかないんですよね。
    第3回終了時にクイズだけの大会やる?みたいな話が持ち上がったレベルです。これは現在構想中・・・。
    予習は必須ですので、皆さんmaimaiwikiとかTwitterとか公式とか、チェックしておいてください!



    【前回トロフィー用意してたけどあれどうするの?】
    個人戦がなくなると、あれ使い道ないんですよね。
    ‥‥‥と思うじゃろ?
    今回のチーム戦、2部合算で最も得点を獲得したお1人には、MVPとして個人表彰をご用意しています。
    点数計算保存が大変だー。がんばれむつ。



    【実際しみずと仲いい人ばっかり来るんでしょ?】
    正直最初のうちはそうでした。
    準備期間中に心当たりのある人にたくさん声かけてたので…
    第3回での盛況具合が伝わったのか、前回は半分くらいマジでしみずの知らない人でした。(もしくは知ってるけど交流がなかった人)
    なのであまり内輪みたいな空気はないんじゃないかなあと思います。
    (私自身がどこの交流会参加しても自分の世界展開しちゃう人なので、このあたりの感覚がガバガバかもしれないですが、楽しんで帰ってもらえることは保証します。)



    【実際うまい人たちばっかりなんでしょ?】
    レート2000くらいの方の参加実績もあります。
    ですのでお気軽に遊びに来ていただければなーと思ってます。
    あと今回もいろんなところから参加表明いただいてます。(関東全域、京都など・・・)
    年末飛行機、新幹線代が高くなる前にぜひ遊びに来てみては。



    【課題曲ってどんな曲たちなの?】
    簡潔に説明しますが、"13以上は一切出てきません。"
    難易度については"赤~白の間になります。"
    初心者の人でも楽しめるギリギリのライン追求してみました。
    上の方の人たちはつまらなく感じるかもしれないけど、ルールの性質上緊張感あっていいんじゃないかと思います。



    【でもランカーたちの熱いバトルも見たい!】
    特に予定はないですけど、時間が余ったらエキシビジョンマッチみたいなものはやる?かも?




    こんなところでしょうか。
    結構最近個人的に浮き沈みの激しい時期で。
    でもそんなときにしみ杯でのおもいでとか、これからのことを考えていくとき不思議と気持ちが前を向くんで、本当に自分の中でのライフワークになったんだな~と思ってます。
    ひとえに皆様のご理解、ご協力のおかげです。

    12月15日、2019年の締めくくりに蒲田でしみ杯。ぜひお越しください。
    おわり。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。