「初めまして、ユノアさん」の裏側
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「初めまして、ユノアさん」の裏側

2013-06-21 01:18


    かわいいモデルがやってきた!な静画。

    最初は普通にほのぼのとした静画を作ろうとしていた・・・ハズです。
    「マリエルさんやレア様のスカートを彷彿とさせるデザインだけど、
     和風な感じがするから「白玉楼」が良いかなぁ」とか考えてました。

    白玉楼のどこにしようかなぁと見回していたら灯篭を見つけて、
    「そういえば灯篭の中に(小さくなって)入ってみたいなんて思った事もあったなぁ」
    ・・・ということで、灯篭の中にユノアさんを入れる流れに。

    出合ってすぐに縮小化させている自分に少しあきれつつ、
    「そうだこのポーズにしよう」「カメラはこうしよう」
    と、良いテンポで作れたので、これで良かったのかもしれません。

    ちなみに一番悩んだのは表情です。
    初めて使うモデルなので「どんなモーフが用意されているか」を把握しきれず、
    ユノアさんに対するイメージも固まっていないので、どうしたものかと悩みました。
    最終的に、目を少し細めるだけになっています。・・・良い感じ。



    さてはて。今の所、私の中でのユノアさんのイメージはこんな感じです。
    ・照れ屋、もしくは人間が苦手
    ・一人で大丈夫と強がっているけど、まだ甘えたい年頃
    ・好きな人がいたら見守りたいタイプ
    ・小さいのは後天的なモノ
    ・か弱そうに見えて基礎体力は十分にある

    と思ったら、また別のイメージを持っていたり。
    ・神通力(もしくは何か別の力)を持っている
    ・人間をからかうのが好き
    ・でも人間を困らせたいわけではない
    ・元から小さいのではなく、隠れやすいので小さくなっているだけ
    ・その気になれば巨大化も可能らしい

    前者は見た目からのイメージそのまま、
    後者はキツネとしてのイメージと個人的な趣味が出てますね。

    でもきっと、数ヵ月後には違うイメージが・・・
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。