「安眠妨害用VOCALOID」の裏側
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「安眠妨害用VOCALOID」の裏側

2013-07-27 01:00


    妄想をそのまま形にした静画。形に"できた"静画。

    私が「小さくなったらしてみたい事」の1つがこれです。
    好きな人の上で、形振り構わずゴロゴロする。
    ・・・なんとも私らしくない。でもフタを開けたらそんな自分が入ってる。
    どうにもならない気持ちを、MMDにぶつけるのです。私は。

    使うモデルは流れと謎の電波で決まりました。
    これだ!」という謎の電波。いったいどこから発信されているのやら。
    途中で使用モデルを変更することもなく、楽しく作れたのが素直に嬉しいです。
    予定通りに事が進む。地味だけど良い事です・・・

    カメラアングルは、私が決めた自分ルール「ぱんつみせない」によって
    180度ぐらい制限されているので、そういう意味で悩みました。
    秘すれば花。・・・なのでしょうか。


    エフェクトは「フィギュアエフェクト」「かっつりトゥーン」「SSAO」を試しました。
    最終的にSSAOだけになりましたが、かっつりトゥーンと併用すると・・・

    こんな感じになります。なんだか真逆の雰囲気ですね。
    お昼寝を邪魔してるというより、寝る前に甘えてきた感じでしょうか?
    ・・・お仕事から帰ってきて横になった所かも。

    かっつりトゥーン(服)はベンテンチョウっぽい空気になるので、
    夜の街を表現したい時にはピッタリかもしれません。
    そういえば何故かコガネチョウだけJet1つも取れてないんだよなぁ・・・

    フィギュアエフェクトはPSゲームのプリレンダリングムービーを思い出します。
    あのテカり具合とか、曲面の表現とか・・・
    合うモデルは本当によく合うのですが、合わないモデルは本当に合わないので
    使い所をしっかり考える必要があるエフェクトかもしれません。
    上手くいくと肌の曲面がすごく良い感じになる。あれはいいものだ。



    個人的に怖かったのは、投稿して次の日ふと見たらクリップ数が2桁いってたことです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。