ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

(友人)親分とは
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

(友人)親分とは

2014-01-04 19:36
    時折、放送主の55のコミュニティにて現れる友人。
    大学時代からの友人であり、社会人になった今でも交友がある。

    最近では主の枠にて“白熊の乱”というタイトルで枠をとることがある。
    内容としては、牛乳一ℓまたはそれに値するジュースと白くまくんアイス(サムネイル参照)をどっちが早食いをするかを競うものである。(水曜どうでしょう・対決列島を元ネタとしているつもり)

    第二回白くまの乱(2013.12.30)では、放送終了後、55は自宅にてトイレで口から蟹雑炊(寿司を21皿食べて、バナナオレ1リットル飲んだため)を吐き出してしまった苦い過去がある。

    大惨事白くまの乱(2014.1.4)では、(55)牛乳一ℓ+白くまくんパフェvs(親分)飲むヨーグルト500mlを2本+白くまくんパフェ といった平等な条件だったにもかかわらず、大敗北をした55は、万が一に備えて履いていたオムツを着けたまま風呂屋に行ってしまった。

    第四次白くまの乱(2014.4.25)では、55が“ガリガリ君ソーダ味を当たりが出るまで帰れません”という企画に挑み、店員から激励「ガリガリ君補充しておくからね!」「まだまだガリガリ君下のケースにあるから!」「あ、そういえば、さっき女の子が当たりの棒を取り替えてたよ←!?」「ここまでのガリガリ君はどうなるの?!」を受けるが、14本目で親分のスマホ(放送機材)のバッテリーが切れ、断念せざるを得なかった。※ガリガリ君は32本に1本当たりがある

    第誤字白くまの乱(2014.5.6)では、前回ガリガリ君に敗北した55は、再度ガリガリ君当たりが出るまで帰れませんに挑む。8本目を終え、小休憩を挟んだ55は、目の前でガリガリ君を食べていた親分から「まじ、ごめん・・・」という言葉を聞く。そこにあったのは、当たり棒だった・・・。結局その日は16本(前回合わせ30本)を食べて当たりは出なかった。

    DIE6辞 白熊の乱(2014.9.26)では、前哨戦制限時間4分でプリン875g トマトジュース280ml サイダー480mlのトータル1635gを4分ぴったりで完食するものの、本戦の白熊早食いで親分に圧倒的な敗北を喫し、罰ゲームを後日に控えることとなった。

    第7次ガリガリの乱では、3日間トータル(全くの別日)で40本(この日は10本)食べたにも関わらず、当たりを引くことができず、罰ゲーム(安価)でパワプロペナントレース優勝するまで寝れないを実施するハメとなった。数日に渡りプレイしたが、本人は、「目をつぶってただけと言い張っている」


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。