博麗の網
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

博麗の網

2013-11-04 22:51

    硝煙が立ち込める瓦礫と化した和風の一室で、全身に傷を負った鈴仙が焦げた畳に伏したまま問いかけた。
    「ああてゐよ、どうして私だけがこんな目に遭うのか」
    鈴仙が顔を向けた先には、白くて柔らかい耳を生やした少女が大部屋の隅でちんまりと、襖の模様に同化していた。

      おわり


    『漁師と網』より


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。