ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

正体不明の、けれども妖怪
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

正体不明の、けれども妖怪

2014-01-19 23:10

    しんと静まり返っていた南向きの和室に、陶器の鋭い音が鳴り響いた。ぬえの珍妙な翼が、棚に飾っていた壷を落としてしまったのだ。床の間に散らばった白い破片を見下ろして、ぬえは唇をわなわなと震わせた。頬に冷たい風を感じながら、ぬえは周囲をぎこちなく見回す。付近には誰もいない。ぬえは自分の顔を覆うほどの大きな破片を拾い上げ、部屋に備え付けてあった筆で“ごめんなさい”と書きつける。墨汁が滲み“でぬんなさい”となったがぬえは目線を逸らし、破片を元の現場に戻すと、今度は懐から碁石のようなものを一粒取り出した。ぬえはそれを掌に乗せ、一息で口に含み、急ぎ足で外へ飛び出した。

    命蓮寺を出たぬえは人里の通りを抜けていった。すれ違う人々は一様にざわめくが、お構いなしに前傾姿勢で走り去る。
    人家が疎らになったところで、背の高い少女が前方からやって来た。緑の長髪を風に棚引かせる少女はぬえを見つけると、目を輝かせて快活に指差した。
    「あ! 止まりなさいそこの妖怪!」
    ぬえは無言で針路を変えようとしたが、その一瞬のうちに少女が接近してきた。ぬえは唇を噛みながら少女の瞳を見つめた。
    「何? 貴方には私がどう見えるの?」
    「なんかわさわさわさっとしている感じでよく判らないですけど、妖怪でしょう? 私には判ります」
    「よく判らないって言ったじゃない」
    二言目を発したぬえは、自分がすっかり相手の呼吸に乗せられていることに気づき、はぅっと息を呑んだ。
    「さあ。人里から逃げる不審な妖怪さん。異変を起こす前に退治してあげます」
    少女がお祓い棒を片手ににじり寄る。ぬえも合わせて一歩ずつ後ずさりするが、三歩目の右足が勢いよく溝に嵌った。灰色の泥が飛び散る。その時、目の前の少女がどこか見覚えのあることに気づいた。ぬえは拳を握り締め、至近距離の少女に身を乗り出した。
    「違う違う! 私はあれ、そう、エイリアンなんでしょ?」
    ぬえの声が人里の外れに響くと同時に、お祓い棒を振り上げた少女の動きがピタリと止まった。
    「あれ? うーん、よく見ると確かにそんな気がします」
    「だよねっだよねっ! じゃ、私は急いでいるからこれで」
    ぬえが側溝に浸かった足を引っ張り出したところで、少女の口元が不敵に歪んだ。
    「まあいいです。エイリアンを退治したい気分になったので」

      おわり


    『ハクチョウとガチョウ』より


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。