485系新潟車は国鉄色だけでありません
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

485系新潟車は国鉄色だけでありません

2013-05-27 20:45
  • 4


まだJR東日本本社・新潟支社のプレスリリースによる“正式発表”はされていませんが、常磐線で「フレッシュひたち」として活躍したE653系が新潟へ転属されることは内定で、これから、置き換え予定の485系の「いなほ」、北陸新幹線開業までの「北越」、これから 乗る人・撮る人がさらに増えるかと思われます。


今では貴重な485系1500番台(クハ481-1508)が組み込まれているT18編成

基本的マナー・モラル・ルール(・できればお金も少々)を守って頂けるなら大歓迎です。直前や最終日になって現れるいわゆる 葬式厨 による罵声大会は本当に嫌いで、私は常に「早めの葬儀」をオススメしており動画もその意図で進行しています。

動労千葉 は終焉かもしれませんが
國鐵廣島國鐵金澤國鐵新潟 決して永遠ではありません!

第21回の動画をうpして今さらかもしれませんが、私は国鉄型が大好きな人間ですが国鉄色にこだわる訳ではありません。普段「北越」等に乗る場合はリニューアルされた485系3000番台が一番いいに決まっていますし、さらに白地に青緑と青の帯をまとった上沼垂色(かみぬったり)・新潟色はJR黎明期からの“伝統”と考えています。


一般的な485系1000番台中心のT編成、T12編成は自由席の座席が地雷です

ところが実際撮影地沿いを移動していると、485系国鉄色はどの列車に入っているのかばかり質問され、その件については構わず教えますし、上沼垂色のT編成を捉えるのも大いに結構なことです。何せ“歴戦を生き抜いた猛者”ですから。ただ・・・

「485系3000番台が来た時に残念そうな顔をしないで!」


特急として乗るぶんには内外装リニューアルされた3000番台でしょうに・・・

そう主張すると「485系3000番台はまだ生き残るでしょうから」などと返されるのですが、足回りはかなり疲れていますし、485系の「北越」「いなほ」が無くなるのは時間の問題、車両の検査期限を考えると3000番台が先に“重機のごちそう”になるかもしれません。

「なにとぞ差別せぬよう485系を愛でてやって下さい・・・」



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブロマガ内の文章・画像は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 ライセンスの下に提供されています。
出典元を何らかの形で明記して頂ければニコニコを問わずご利用下さい


広告
×
だがちょっと待って欲しい

グリーン車に乗車するのが前提なら、沼垂色が一番いいのではないのではないだろうか(ヘッドレスト付きでゆったり仕様)
78ヶ月前
×
>>どんがらドリフトPさん

早速コメントとご指摘ありがとうございます。第11回の動画で触れましたが、T11~T15・T18編成は2007年にグリーン車の座席を全て換装し、かえって485系3000番台よりもいい座席になってしまいました。さらに指定席区画の1号車から3号車(一部4号車も)で座席換装を行ったため、そう簡単にT編成を重機のごちそうにできない事情もあります。
78ヶ月前
×
こんばんは。毎回動画作成お疲れ様です。
いずれにしても485系は早めに記録しておいた方がよさそうですね。
次回の18きっぷ旅で485系の撮影に行きたいと思います。
78ヶ月前
×
>>なおさん

コメントありがとうございます。長野も211系導入・北陸新幹線延伸・E351系置き換えの噂など、大きな動きがあり大変なことでしょう。485系も115系もかなりくたびれているのが現状で、羽越線高速化事業もこれからの上越新幹線・新潟・庄内地方の運命を担うものである以上、車両更新等何らかのテコ入れしなければならないものです。それまで私の動画も485系の特集が続くかと思われます。
78ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。