強風と事故 規制強化後の迷走劇と〝他人事では無い〟ほくほく線と信越本線
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

強風と事故 規制強化後の迷走劇と〝他人事では無い〟ほくほく線と信越本線

2014-06-03 20:54
  • 4
※強風で交通機関が遅延・運休したら誰でも不快な思いをし迷惑である。
※現業機関の方も好きでやっているのではなく仕方がなくやっている。
本音:何か折り合いがつかないものかとあれこれ考えさせられます。





※毎冬初旬恒例の横殴りに振ってくるみぞれで、これは情け容赦ありません


※予想通り天候が悪化して直江津駅から黒井駅までは25km/hの徐行運転に

前作よりえらくご無沙汰して申し訳ございませんでした・・・
今回は羽越本線脱線事故を受けて強風規制が強化された後の〝迷走劇〟を挙げ、
「そんな事までして強風規制の必要があるのか・・・」といった皆さまのご意見に対し、

『これは決して他人事ではないと言いたい・・・』

『突風災害に関しては明日は我が身かもしれない・・・』

という感じで今回は纏めたく、比較的ポピュラーな北越急行ほくほく線を一題材として挙げてみたのですが、正直上越地方の人でないとあまりよく分からない動画内容になってしまったかもしれません。新潟県内に住んでいらっしゃる方々にとって上越地方は、

〝もはや他府県〟  そりゃ100km以上離れていますからね、全く・・・

扱いされている事が多いですし、長野県内(筑摩県内も)に住んでいらっしゃる方々にとって 柏崎ー直江津ー糸魚川 エリアは

〝上越の海は長野の海〟 柏崎は中越ですが海水浴繋がりでここに含めます

という扱いをされていますからね・・・ もちろん筑摩県も含めて全て冗談です。
※私の母方は中信のため、長野と松本は別モノと考えています、ご容赦下さいませ。

新潟支社「そういった地域ジョークはヤメれ、喧嘩の元になるしご近所さんな訳だし」
ズズムシ「新潟支社の人たちから「はるばる遠いところから」などと言われたわ!」
フルーツ牛乳
E653系1000番台いなほ「私に乗る機会はほとんど無いでしょうね」
485系3000番台北越「Z・Z・Z・・・」


※柿崎ー柏崎間の険しい地形は青海川でお分かりかと思われます、特に冬は



※海に一番近い駅=強風や波しぶきに一番近い駅、とも言えるかもしれません





強風による具体的な徐行・運休例(by 柏崎・上越エリア)を挙げたのは、みんなが大好きな迷列車海外編さんによるこれらの動画を拝見しまたTopGearかゲフンゲフン・・・「また柏崎ー柿崎間か」と何の捻りも無く率直にその遅延延着運休理由について説明をしようかと思っただけですが、ちょっとネタ的にやり過ぎました事をお詫び申し上げます。あの区間は私もよく引っかかるところで、それこそ何時間待たされたか何度足止め食ったか数えきれないくらいで、酷いときは〝歩いていても生命の危機を感じる?〟くらいです。



※犀潟から先、信越本線はいいですがほくほく線方面は正直言って地雷です


※そうそう、強風区間を走る485系(定期)「いなほ」も7月11日までです

その一方で「トワイライトエクスプレス」特急「はくたか」の廃止が決定したうえに、7月12日から定期「いなほ」は全てE653系となることも決定し、「北越」「くびき野」の行方は今も分からずじまい、来年の今頃になったら何もかも変わってしまうでしょう。

あまり強風のことばかり続けている訳にはいきませんので、特別回は「其の五」で一区切り
つけさせて頂き通常版の方をなるべく広範囲に挙げる予定です。

485系3000番台北越「Z・Z・Z・・・」
485系3000番台北越「ハッ!!!」
485系3000番台北越「以上、ドアホうp主による下らない駄文でした!」


※次回は恐らく越後線と羽越本線主体になるかと思われます、何もなければ



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブロマガ内の文章・画像は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 ライセンスの下に提供されています。
出典元を何らかの形で明記して頂ければニコニコを問わずご利用下さい




広告
×
もはや冬の風物詩として受け入れるほかないんですよね~・・・。
越後線の内野~新潟間はまだ多少遅れるコトが多いだけでまだマシだけど、内野から先は動かないとういうのは珍しくないw

強風時に信濃川橋梁と関屋分水路の橋梁渡るときはいつもヒヤヒヤモノですw
68ヶ月前
×
頸南地方の人間にとっては反対に県北は他府県みたいなものです(w。そういや、私は村上はおろか新発田にも行ったことがない人間でしたよ…。ウチから新潟市内に行くより長野市内のほうがずっと近いし、松本のほうがわずかながら距離が短ったりまします。実際、妙高市の自宅から長野市内に通学している高校生は少数ながら存在しますが、新潟市内へ自宅から通学している高校生はおそらく皆無でしょう。
68ヶ月前
×
>>1 どんがらドリフトP@かっぱ72号さん
いつも旅m@sの2828動画?を楽しみに拝見しております。

今から申し上げるのも変ですが、次作は越後線と羽越本線をメインに採り上げます。越後線の、新潟ー白山間・関屋ー青山間・厄介な 内野ー越後赤塚間、以上の区間に関してはきちんとした資料も揃っており、問題点と現状の対策、今後の対策等をできる範囲内でしっかり説明しようと考えております。
68ヶ月前
×
>>2 雪男.0429さん
CATVによるネットのプロバイダーが「インフォバレー(長野)」という時点でもうお察し下さい状態ですねw この手のローカルジョークはさておき、私自身が調べて信越山線も 直江津ー春日山ー高田間 が強風規制区間だったのには驚き、改めて風の通り道に関する不可解さを思い知ったものです。動画のなかでどうかな?と思った県道新井柿崎線の件について、かなり多数のコメが届いていたのには少し驚きましたし挙げてよかったとも考えております。
68ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。