「きらきらうえつ」の〝カギ〟は幡生工場だった件
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「きらきらうえつ」の〝カギ〟は幡生工場だった件

2014-10-17 12:45
  • 6


動画もブロマガもご無沙汰して申し訳ございませんでした。

迷列車で行こうシリーズ五周年祭
には「ビシッと」参戦します。



國鐵新潟
のジョイフルトレインに関するリクエストはコメでも結構ありましたが、実を言うと「NO.DO.KA」が一番多く「きらきらうえつ」は本当に少数でした。実際は「越乃Shu*Kura」が2014年春から運転を開始し〝旬モノ〟なのですが、この件はいずれキハ40系気動車関連動画をやるとき、まとめて紹介する予定です。

決して特急も快速も停車する最寄り駅を通過するという恨みではありません。

※「お酒」をテーマとしていますが、私は下戸なため愉しみ半減ですね・・・



では、何故色々あるJR東日本新潟支社管内+一部長野のジョイフルトレインを差し置いてまで「きらきらうえつ」をあえて採り上げたのかと申し上げますと、

一、新製当初が1973年製造 サハ489-5 でリアル 國鐵金澤 に配属された

二、リアル 國鐵廣島 のみんな大好き 幡生工場 で先頭車に 魔改造 された
  ※このときに サハ489-5 から クハ481-753 に車番が変更

三、魔改造 されたすぐ後にリアル 國鐵新潟 の上沼垂運転区に転属された
  ※このときに クハ481-753 から クハ484-702 に車番が変更

結、これこそ正統な 迷列車魔改造 と言えるでしょう。(※あくまでいい方の)

その後の遍歴は動画をご覧の通りですが、JR東日本初期の良改造ともいえる窓の拡大・座席の改良・シートピッチ拡大、等々のアコモデーション改善車、いわゆる〝グレードアップ車〟に選ばれなかったために後々に編成から外され、重機逝き予定の車両と一緒に再編のなか 魔放置 されていた クハ481-753 が奇跡的に「きらきらうえつ」の種車として抜擢され、土崎工場他で 神改造 され、現役で走っているなんていい話じゃありませんか。

※グレードアップ車(※残念ながら現在は新潟支社管内から消滅しました)


※まだ新潟駅の6.7番線が残っていた頃に撮影した「きらきらうえつ」


新潟支社「またスズムシはそうやって毎度ネタに走るから困ったモノだ・・・」
スズムシ「カタチはどうあれJR東日本新潟支社を応援している件は少し褒めろ」
E653系1000番台 いなほ「私は塗装以外に 迷要素 が無いからひと安心ですね」

「NO.DO.KA」迷列車で行こうシリーズ に紹介する構想もありますが、その前の「シルフィード」であった時期のお借り頂ける〝内装の画像〟が無く、動画の最初で挙げた通り、出自が怪しいためどのようにまとめるか厳しいです。

※先頭形状は当時の国鉄・JR標準の展望車のカタチをしています


※細部を見ると本当に迷要素だらけでいくらでも語ることができます



あとは「きらきらうえつ」に関する 小ネタ を少々挙げてゆきます。

※車番は国鉄時代からの法則なら クハ481-702 とか クハ480-702 と
 称するところでしょうが、何故か電動車のように クハ484-702 とプチ迷


※バリアフリー化されているが、出入口には150mm程度の段差があり、
 ホームの高さ760mm・920mm・1,100mm対応かと思われます。


※ラウンジスペースは長居する人が増え苦情が耐えなかったのでしょうか、
 現在は飲食物お買い上げのお客様のみ40分程度のご利用となっています。


〝そういえば今回は寝なかったな。ドアホう主が黙っていたせいか〟

485系3000番台北越「Z・Z・Z・・・」
新潟支社「特急 北越 が終わりショックを受けているんだろ、そっとしてやれ」
E653系1000番台 いなほ「特急 しらゆき が 特急 北越 を伝承するでしょう」

この先「北越編」の名称を変えなければならんと思い、かなり悩んでいます・・・



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブロマガ内の文章・画像は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 ライセンスの下に提供されています。
出典元を何らかの形で明記して頂ければニコニコを問わずご利用下さい



広告
×
どうせなら『昔北越という特急列車があったということを後世に伝える』・・・というのは大げさですが、そういった意味もこめて、北越編という名前を残してもよいのではないでしょうか?
62ヶ月前
×
>>1 ウルトメさん
いつもご丁寧にありがとうございます。この「北越編」の名称を考え直さなければならないのは、自分自身の乗る列車が「北越」から「しらゆき」に変わってしまうため、その変化を受け入れなければならないと考えてです。変化しないと新しい特急である「しらゆき」に対して申し訳無いというのもあります。基本のスタンスは「JR東日本新潟支社応援!」である以上。
62ヶ月前
×
きらきらうえつは正月の弥彦神社にお参りに行く際によく利用してるけど、せっかくの展望車なのに夜間やトンネルの多い区間はカーテンを閉めるところが特に「迷」だと思う。

しかし、新幹線ができたとはいえ、北越運用がなくなったら、新潟県民にとって金沢は気軽に行ける場所じゃなくなってしまいますな。
会社を複数跨ぐから、踊り子みたいに金沢まで直通というわけにもいかんとはいえ、やはり北陸は遠くなったと感じます。
62ヶ月前
×
>>2
そういう事でしたか・・・ただそうなるとそのまましらゆき編というのもなんか動画内と食い違っている感じもしますし、単純に新名称をつけるといっても少し難しい(?)話になってしまうような気もします(そうでもないかも…?)
62ヶ月前
×
>>3 どんがらドリフトP@かっぱ72号さん
弥彦神社の動画拝見させて頂きました。確かに展望を楽しむ車両なのに、カーテンがよく閉まっているのは迷要素でありそれには気づきませんでした(汗 
あと、DDPさんのデビュー作が「北越」&「サンダーバード」のグリーン車であることと、私は、新潟・東京・北陸方面、の移動が「北越」であることから、お互い「北越」に関しては結構思い入れがあると言えますね。今度通し乗り予定です。
62ヶ月前
×
>>4 ウルトメさん
「しらゆき編」と称すのも何か軽すぎるような気がして躊躇しており、485系3000番台の快速に何らかの新しい相性が付けば、同じ画像を使用し「快速 〇〇です」などとシラを切ることも考えています。さらに「北越編」を変更するのであれば、自分なりに「北越」に関する動画を制作をし、区切りを付ける必要があります。(強風関連動画のように)

まぁ、もう少し柔軟に考えるようにします。
62ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。