国鉄急行色や新潟色だけでない!十人十色な新津のキハ40系
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

国鉄急行色や新潟色だけでない!十人十色な新津のキハ40系

2014-11-15 22:00
  • 4



※このように見ていると窓が原型なせいか結構締まったように見えます

 新津の気動車は国鉄型のキハ40系(キハ40形・キハ47形・キハ48形)以外に、JRになってから登場したキハ100系(キハ110形・キハ111形・キハ112形)やキハE120形もありますし、それらの気動車にも迷要素は結構あるのですが・・・


※新津運輸区で待機しているキハ100系キハ112型(※敷地外から撮影)


※こちらも新津運輸区で待機するキハE120形(※敷地外から撮影)

本音:正直言ってキハ40系の動向が滅茶苦茶面白いしw



本音:DDPさん広告ありがとうございます!

 迷列車で行こうシリーズ五周年祭 という場で他にも迷要素が無数存在するなか、今回あえて気動車を特集したのは、迷列車で行こうシリーズ三周年祭 で作成した、

 

この動画の続きをやりたかったからです。気動車はあまり目立たない存在だから、あえて〝祭〟の日に制作・投稿する方が、目立っていいかな?という考えもあり、もう一つは キハ40-583→二次新潟色→国鉄首都圏色→国鉄急行色 という、全てロングシート化改造をしていながらこのような塗装変貌を経たということで「また塗り間違えた〜」 として楽しくご覧頂けるよう考えたからです。


※こちらが国鉄首都圏色に塗り間違えられた? キハ40-583 です


※そしてこちらが国鉄首都圏色に塗り間違えられた? キハ40-583 です

新潟支社「確かに目立つのも一つの方法だが、相変わらず動画は酷いなスズムシ」
スズムシ「アンタのとこの商売も考えてやったのに、そのセリフかよカブトムシ」
E653系1000番台 いなほ「私の特集をやれば再生・マイリスト数が伸びたのに」
485系3000番台 北越「Z・Z・Z・・・」

 オールドファンの方々なら、キハ52形キハ58形 の国鉄急行色を思い出し、キハ40系列に なんちゃって 国鉄急行色を無理して塗らなくても良かったのでは?見た目的には扉形状が違うものの、キハ65形 みたいな雰囲気で悪くないかも?とお思いだったでしょうが、動画のコメ等で意外な反応が返ってきました。


※それは キハ47-1514 が国鉄急行色を塗装した上記の画像が出たところで・・・

これキハ66系(キハ66形・キハ67形)を意識しているのでは?

九州から遙か遠く離れている私にとって、この考え方は全くありませんでしたね。
言われてみれば内装や足回り等は全く異なれど、外観は結構似た感じで納得です。


※画像は Wikipedia Hisagi (氷鷺) 氏より(※転載元へリンク貼付しています)

 恐らく狙っていたのは 國鐵廣島リバイバル急行「ちどり」 用にラッピングされた、キハ48-4 と キハ48-1004 の二番煎じでしょうね。國鐵廣島 の方は、車両のやり繰り上ラッピングをすぐに剥がしてしまい、通常の運用に戻った後に、

國鐵金澤パン工場 もとい 松任工場 に連れ出され
七尾線向け観光特急〝花嫁のれん〟への 魔改造 みたいです

リンク:JR西日本ニュースリリース 七尾線観光列車の列車名決定について

迷列車(斜め上)の人 【迷列車で行こう】リバイバル急行に見る広島支社の技と業
鉄道小ネタ(新車呉)の人 【広島レポート10】ちどり羽ばたく

さすが お隣の斜め上大好き倶楽部 もとい JR西日本金沢支社 です。

新潟支社「お隣さんを笑いモノにするとは、汚いぞスズムシ、卑怯だぞスズムシ」
スズムシ「それは〝ヒゲ魔神〟セリフ! 色ぐらい揃えられないのかカブトムシ」
E653系1000番台 いなほ「私はちょっと派手ですが、塗装は揃えられています」
485系3000番台 北越「Z・Z・Z・・・」

 今回はお隣の斜め上大好き(ryの 迷列車(斜め上)の人 から、画像と資料等を頂戴し動画制作しました。御礼申し上げるとともに、氏の動画もどうぞご覧下さい。




※東北から来た只見線用の車両についても忘れないで下さい(トイレ閉鎖車)



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブロマガ内の文章・画像は
クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 4.0 ライセンスの下に提供されています。
出典元を何らかの形で明記して頂ければニコニコを問わずご利用下さい

広告
×
新潟ではキハ40系列の話題が多くてうらやましいです・・・なんせ東海地方のキハ40はまもなく置き換えが開始という状態な上に国鉄標準色のみで首都圏色復活の見込みもない・・・という状態で東海が相変わらず国鉄型にやさしくないなあ・・・とちょっと悲しくなりました。
63ヶ月前
×
やはり急行形気動車塗装は、デッキがあって、窓は1枚窓、尾灯は下の方についていてこそだと思いました(小並感)

ホント、キハ58のあの雰囲気大好きだったんです。
塗装も、車内構成も、前面デザインも全てひっくるめて「美しい」と思う列車ですw
だからこそ、キハ47や40の「コレジャナイ感」が激しいんですw

キハ40系列が嫌いなのではなく、赤とクリームは優等列車の象徴なイメージがあって、選ばれし車両が纏う高級感というかワンランク上のイメージがすごく強いw
キハ40系列はタラコ色が一番良く似合います。

つまり何が言いたいのかというと・・・思い出補正って、なんだかんだいってスゲェw 改めてそう思った。
63ヶ月前
×
>>1 ウルトメさん
毎度ありがとうございます。古い車両は置き換えて仕様を統一する、新車が調達できる事業者ならその方がかえってコスト削減になる。そう考えていくと東海地方の方針が正統なものであり、いくら新潟エリアとはいえ、古い車両をここまで多種多量に残し、塗装も多種多様にしてしまう方が異端とも言えます。その異端ぶりを喜んで調べ動画やブログにしてしまう「沼」が多いからこそ、このような支離滅裂ともいえる状態が続くのでしょう。故障や不具合が無ければいい相互関係だと思います。
63ヶ月前
×
>>2 どんがらドリフトP@かっぱ72号さん
毎度ありがとうございます。人により様々なご意見やご見解があることは確かで、私もまだ高山本線にキハ58が残っていた時「こいつをアズキ色ではなく本来の急行色に戻せばいいのに」などと思っていました。JR西日本金沢支社の斜め上っぷりをそれ程把握していなかった時ですがw 製糖派にとってキハ40・47・48に国鉄急行色は格的に許せないかもしれませんが、私は「トリビュートバンドのようなモノ」と考えてそれはそれで楽しんでいます。決して本物ではないけれど、そのような雰囲気を醸し出す、みたいな感じで。

釧路からの続き「スーパーおおぞらのグリーン車」お待ちしております。
63ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。