• 自作PCのススメ

    2020-01-08 20:47
    自称自作中級者のギンガイチがこれから自作PC始めようかなって人向けへの記事を書きたいと思います。

    今自作PC(ゲーミング)が一番オススメ出来る理由
    メリット
    ・RyzenPCで格安ゲーミングPCが組める
    ・Pay系ポイント活用でどんなBTOよりトータル安く上がる
    ・BTOショップは見えない部分でケチってくるので、RyzenPCの時は自作一択
    ・リテールクーラーでも低電圧化すれば十分な性能で、他にお金を回せる
    ・マザーセットが唐突に安くなる事があるので要チェック

    デメリット
    ・RyzenPCはOCするよりダウンクロックする方が実用的なのでOCしたい人は満足出来ない
    (最初からOC状態みたいなもの)
    ・BIOSでの細かい調整が前提だったりするので、こういうのに躊躇する人はintelのがいいかもしれない
    (自動でも使えるが、電圧盛り過ぎだと思う)
    ・メモリ選択が若干シビア

    ケチって良いパーツいけないパーツ
    これは前提としてライトからミドルユーザー向けになります

    ケチっておk
    CPU
    なんと今のRyzenは性能が良すぎてエントリーの3600無印(6コア12スレッド)で十分な性能を持ってます
    浮いた分でグラボなどに回しましょう
    Apex LegendsでCPUのボトルネックを感じたのが4コア8スレッドの6700Kだった実体験。
    マザーボード
    B450のASUS TUF B450-PRO GAMINGMSI B450 TOMAHAWK MAX
    が鉄板マザー。これ以上金を掛けるなら他に回した方が良い。
    キーボード
    今までの体感ですが、キーボードはそこまで拘らなくても良いと思います
    5000円くらいのゲーミングキーボードでも十分使える
    SSD
    これは反論あるかもしれませんが、最近のSSDはエントリーモデルでも十分耐性あるので
    500~1T買っとけば問題ありません。ただし、ネット悪評の所は避けましょう。
    拘りたい人はSamsungで。

    ケチってはいけない
    グラボ
    ゲームをする上では一番重要です。ここに一番比重を置きましょう
    費用効果が高いグラボは2060Super。配信しない人は1660tiか1650Super。
    最近のオススメメーカーは3年保証になった玄人志向
    メモリ
    RyzenPCではメモリがフレームレートに大きく影響してきます。
    検証動画もあり。マザー対応表見てじっくり決めましょう。
    自分はここを失念して失敗しました。(動くけど性能を発揮できない)
    電源
    パーツへの取り回しが金額に比例する。不良引いた時に全部巻き込むなど安物買いの銭失いってやつです。願わくばフルモジュールタイプがオススメ。効率良いもの程静かって覚えておきましょう。ゴールド以上が無難。W数はトータル消費ワット数×2倍が目安。
    ケース
    結局やりたい事やエアフローなどが値段に比例してきます。
    1万以上のケースから堅牢性が高いのを実感出来ます。
    迷ったらフラクタルR5かR6買っときましょう。

    その他
    これから先は3600X、3800Xの需要が薄いので叩き売りする可能性あり。
    3900Xと3950Xの供給が増えて、3700Xもダブつく可能性あり。
    これからメモリが高騰する可能性が高い。
    ディスプレイは用途によってスポットが変わります。
    FPSやる人は144Hz以上のモニター
    MMOなど動的ではないゲームをやる人はIPSの27インチ以上モニター










  • 広告
  • 【Steam】Baseball Riotのウィンドウサイズ変更【メモ】

    2017-01-18 22:26
    ローカルファイルのprog.xmlを編集

    resolutions= の後の数字を自分のしたいサイズに変える、もしくは要らない数字を削除



    いじったら上書き保存で終了!
  • Twitterアンケート企画

    2017-01-11 00:21