• ファミコン版武田信玄についての覚え書き

    2019-04-09 20:42
    ホット・ビィって知ってるかい?昔ファミコンクソゲー界で粋に暴れ回ったというぜ。
    今も世ン中荒れ放題、ボヤボヤしてたら後ろからバッサリだ。
    どっちもどっちも……どっちもどっちも!

    そんな訳で、ファミコン版武田信玄のおそらくあまり知られてない(調べようとする人がいない)ことについて記しておきます。本当は動画化しようと思っていたんですが、しようと思って3年が経とうとしていちゃあね。

    パスワードの仕様

    武田信玄というと、パスワードの短さが有名ですね。金や自国以外の兵数、内政状況がリセットされてしまうというSLGにあるまじき仕様は多くのプレイヤーを驚かせたものです。
    しかし、その詳細な仕様は分からないという人も多いのではないでしょうか。
    もったいつけるのもなんなので、早速それを明かすことにしましょう。これだッ!

    勘のいい方はすぐにお気付きかもしれません。
    このパスワード、一見2種類のチェックサムによって保護されている…ように見えますが、
    9文字目から14文字目の部分については、文字ごと入れ替える形で改竄可能ということになります。ガバガバじゃねえか!
    具体的には、ターン数をある程度進めた状態で、「レベル」や「居城」の文字と入れ替えるのが実用的なところになります。例えばこんな感じですね。
    • 20ターン経過時点(1543年7月)でパスワードを取り、9文字目と12文字目を入れ替える
      LV20になる
    • 16ターン経過時点(1543年3月)でパスワードを取り、10文字目と12文字目を入れ替える
      13国(北条)が支配下に入る
    • 31ターン経過時点(1544年6月)でパスワードを取り、13文字目と12文字目を入れ替える
      7~12国が支配下に入る
    ちなみにパスワードの文字と2進数の対応ですが、「あ~ん」の46文字、「0~9」の10文字、「ー」「?」「年」「月」「/」「%」「A」「B」の記号8文字が、この順番で6ケタ2進数の値に対応していくことになります。
    つまり、
    • 「あ」→ 000000
    • 「み」→ 011111
    • 「む」→ 100000
    • 「B」→ 111111

    となるわけです。入れ替える際は、最上位ビットが望んだ形の文字になってるか注視しましょう。
    あと、その気になれば好きな状態のパスワードも生成することができます。ただし、ゲーム内であり得ない内容は流石に弾かれます。

    • シナリオ1で全城を支配下に置いている
    • シナリオ2以降で全城を支配下に置いていない
    • 所領が1つもない
    • 兵数100以上
    • LV21以上
    例外としては、このゲームは720ターン経過(1601年11月)で強制ゲームオーバー(寿命)となるんですが、720~1023ターン経過のパスワードも普通に通るようになっています。ただし、そこから11月を迎えた時点で強制ゲームオーバーになります。(720+12nターン経過のパスワードでは、再開即死亡)

    状況再現

    古のゲームの宿命として、このゲームでも状況再現が可能です。
    疑似乱数列は、電源投入から少しずつ回っていき、「START」「CONTINUE」を
    押した時点で初期位置が決まります。(CONTINUEを選んだ場合、パスワード入力画面中に乱数列は進みません)
    オープニングテーマの「テレレテレレテレレテレレテッテ」がありますよね。
    最初の「テレレ」まで鳴ったところでスタートボタンを押してみてください。
    「信玄様、お子様が産まれました」と表示されたんではないでしょうか。
    されない?ちょっとタイミングがずれてるんです。もう一度やってみましょう。できましたね。
    その状態で、「9大井」に弓1出兵してみてください。槍1が出てきたんではないでしょうか。
    その後は、同じ行動をすれば同じ分だけ疑似乱数列が回っていきます。オープニングのスタートタイミングのような時間で変わる要素はありません。
    では、乱数調整をするにはどうすればいいのでしょうか?
    武田信玄で有名なことといえば何でしょうか?そう、パスワードですね。つまり答えはそこにあります。
    「パスワードを聞く」こと、これがゲーム中ほぼ唯一の、プレイヤーが疑似乱数列を余計に回すことができる方法なのです。(あとは戦争の経過ターン数調整くらい)
    このまま進めると来月北条に攻め込まれてしまう!などという事態に遭遇した時。パスワードを何回か聞きましょう。違う未来がそこには待っています。

    それでは今宵は本ゲームにおける信玄公の名言で締めとうございます。
    「あくようするでないぞ」

  • 広告