ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

昨今のEDMまで引き継がれている脈流 ザ・ラテン!!!リズムトラック制作⑦
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

昨今のEDMまで引き継がれている脈流 ザ・ラテン!!!リズムトラック制作⑦

2013-06-21 08:07
    おはようございます。
    過し易い梅雨とおもっていたのが、ここ急に寝苦しくなり台風まできて…夏本番エアコンなしのままでは乗り越れんなぁと思いつつ、サキュレーターでガンバってる くな です。

    さぁ
    、投稿も少し間が空いてしまいましたが リズムのつづきをやっていきたいと思います。

    前回は南部アメリカ発祥のブルース→ジャズというスィングをやりました、
    そして今日は…まだ南にさがって中南米より…


    ラテン!!
    これまたこれジャンルの坩堝ですう!!

    まずはカリブ系 ルンバサルサチャチャチャカリプソメレンゲマンボ         (レゲエ関係は別頁でやりたいと思います)

    そしてブラジルからは  サンバボサノヴァ、アルゼンチンの タンゴ  etc……

    このあたりの音楽、名前を聞いただけでも血があつくなるような…情熱的、     開放的、エモーショナルというイメージがありませんか?
     これは我等が日本人がもつ南米のイメージだけでなく、北アメリカの方々も
     南米=バカンスとなっており、また禁酒法のころから観光といえば    【南米でハメをハズス】という常識が定着しているようです。バカンスと   いえば飲みながらのダンス。

    上に書き連ねたものたちは
    ”キメ”フレーズこそそれぞれ違いますが、
     欧米の人では特にダンス教室いかなくても誰でも踊れる、基本のパターンが
     あるのです。

    それは、ぞくにいう3-3-2

    8ビート、表裏が交互にくるとりかたがラテンのリズムを定義づけてい ます。
    そして上図の◎(強)というのを特に強調する
    (他のパーカッションもここを合わせ
    る)とますますラテンの味。

    ベースラインも3-3-2で ンンンンン ∥ ンンンン
     といくのが基本ですね。

    テンポをゆっくりから上げていくと、サンバ、ジプシーキングで有名な
     フラメンコとルンバの融合、ルンバフラメンカ(ジプシールンバ)までこれと
     同じリズムなのです。

    これら、ルーツとよばれるものは、新しいものを作り出していくときの
     基本にもなります。EDMや打ち込みにこういうルーツの要素を次々と取り入 れまた発展していっているのですね。最近ではカリブのレゲエからきたレゲ トン、ムーンバートンというあたりが流行ですね。

    わたしたちも、創作の機会では欧米に負けているものなどありません
     YMO以来日本からでたムーブメントは見られませんが、
     LMFAOからPSYの江南スタイルときたムーンバートン時流もそろそろ衰えて きています。

    ここらで一丁、わが国から世界を席巻するような動きがアンダーグランドからでてきてもいいとはおもいますぇんか? 

    ちょっと熱くなりすぎましたが、ラテンの基本のお話を終わりたいと思います



    あ、最後にまたまた告知させてください。
    ムーンバートン系のEDMも融合させたレゲエのサマーポップにアレンジしたオリジナルソングです。ボーカロイドに唄ってもらっていますが…。
    歌ってくれる女性の歌い手さんを大々的に大募集致しております




                       ご精読ありがとうございました。






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。