ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

毎年20万人の移民受け入れ?日本って国が消滅の危機!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

毎年20万人の移民受け入れ?日本って国が消滅の危機!

2014-03-15 15:00
  • 5
AIR です。

「政府が、少子高齢化に伴って激減する労働力人口の穴埋め策として、
移民の大量受け入れの本格的な検討に入った。」とのことです。
「現状のままであれば2110年に2578万人に減る。しかし、
移民を入れた場合は7227万人になる」
だから移民を受け入れると報じられておりました。
このニュースからは本格的な検討に入った人々が
二つの大きな誤解をしていることを読み取れます。
1つ目は、「高齢者はいつまでも生きておりません」。人間は必ず死にますから、
少子化問題で人口が増えなければ「人口が減るだけ」です。
2つ目は、「移民が働く保証がない」ことです。生活保護の受給者になればマイナスです。
与えなければ犯罪者になります。生活習慣が違いますから、強盗も殺人も平然と行います。
来年2015年から実施されたとして、
試算にあげられた2110年までの95年間に毎年20万人ずつ移民を入れると
1900万人が移民する数字を出せます。
これは国民の約26%、つまり「4人に1人以上が移民の国」になることを意味します。
そうなるとこの国は移民の国です。選挙の権利がなければ国際問題に発展しますし、
様々なロビー活動で移民は必ず選挙の権利を獲得します。
「移民が総理大臣になるのも近い未来」です。
それにしても差別意識をお持ちだからなのか、提唱者は
「なぜ原住民のほうが立場が強いと思っている」のでしょうか。誠に不思議な考え方です。
先ほどの数字ですが、実際には移民の割合がもっと多くなることが予想されます。
「日本の若者が子作りをしない前提」で試算をされておりますから、
移民の二世や三世が日本の人口の割合の大部分を占めます。
そのようにして原住民は駆逐され、
試算より一世紀先の2210年ごろになれば
「現在の日本人は絶滅危惧種の扱い」です。日本人の混血児が残る程度でしょう。
国民が移民で、移民が統治する移民による国家になった日本は
「日本という土地」に過ぎません。
総理大臣も国民も移民でしたら国名も変更できますから
「日本という名前も残らない」可能性が大いにあります。
そのようにして世界地図から日本が消滅するのです。


政府は「少子化対策という理由で移民を受け入れよう」としています。
この判断から、
「就職先が決まらずに苦しんでいる大学生と、求職中の失業者は無視する」という
政府の意思が伝わってきます。
出産適齢期の若者が結婚や子作りをしない理由は
「家庭を維持する収入を得る自信がない」からです。
社会の運営方針が原因で生じている問題です。
そして
「日本人の若者が子作りをしないまま迎えた未来の試算を公式に発表した政府」が
始めようとしていることは
「大量の移民と移民村で行われる外国人の子作り環境の支援」です。
「現在、外国人労働者は高度人材などに制限」があります。
しかし経済界が求めているのは
「最低賃金以下でも働いてくれる労働者」です。
そのような都合が良い人材はいないと思われるでしょうが、
通貨の価値は国際間で大きな差があります。
国際間のレート差を考慮すると
「日本では最低賃金の求人で働き手が現れない仕事でも、
母国では十倍以上の収入になる仕事として出稼ぎ労働に来る人」がいます。
同じ非正規雇用労働という立場でも、
日本の労働者は文句を言いますが、外国人労働者は収入を得られれば文句を言いません。
母国に帰国すれば十倍以上の収入に化けるからです。
半年から数年の出稼ぎを行うだけで、本国では十年以上も生活ができるのです。
失業に関するニュースで
「仕事を選んでいる日本の若者が厚かましい」との言われようで報じられておりますが
「日本人は母国が日本」です。
最低賃金が今の10倍の時給8000円ならば文句も出ません。
実際に前政権の民主党が最低賃金1000円の公約すら実現できなかったのです。
少子化対策というのは口実であって、
「最低賃金を割った給料で働いてくれる労働者を経済界が募集している」のです。
これは日本の労働者から雇用を奪う外国人が毎年20万人も海外から来るという
政府との恐怖の約束なのです。


移民政策が最後まで成功した例を僕は見たことがありません。
歴史から学べば、日本が滅びる未来しか見えません。
移民に対しては、居着かないように「妊娠したら国外追放」などの厳しい制限をかけて
移民政策が成功していたかのように見えたシンガポール政府でも
移民による格差拡大が国民の怒りに触れて折れたくらいです。
ですから、移民政策初心者の日本がうまくできるとは思えません。
仕事を奪われて生活が不安になれば原住民が怒りますから、
経済界にとっておいしい期間が長く続くはずがないのです。
移民は権力を求め始めます。そして権力を手に入れます。
現在の出稼ぎとは異なり、国籍を与えられた元外国人は日本人と同じ立場で
日本という土地を自分たちの好みの環境に作り替え、
母国の文化を取り込んだ国に日本を変えてしまいます。
今回の政策を打ち出した人々の試算の先が2110年という未来であることから、
「今の政府と経済を動かしている関係者が、
寿命を迎えるまでは、今の日本文化で快適に生きられる」つまり
「移民を利用」して「未来の日本人が苦労しろ」という一連の思惑が読み取れます。
誠に自分勝手な考え方です。
一般市民が今の政府と経済を動かしている関係者のために
必要がない苦労を受け入れる理由は何一つありません。
長い目で見れば移民政策によって日本という国が消滅します。
少子化問題によって日本の人口が減るのでしたら、
僕たちは国民が減るという現実を受け入れれば良いという話です。
人口が2578万人でも問題なんてありません。
今までの人口が過剰であったと反省をするか、
団塊の世代のように意図的に人口を増やせば済むのです。


「国の消し方を教えてください」という質問があれば、
報じられた今回の政策が答えになります。
「移民を受け入れる政策を実施して、移民に乗っ取られて、国名を変更されれば
世界地図から国が消えます」。数十年から百年程度の時間はかかりますが、
物騒な戦争をしなくても
「政策の間違いひとつで国が消える」のが現実というものです。
少子化社会と言われておりますが、子供を必要としている夫婦は子供を作ります。
どうしても人口の減少を日本の現象として受け入れられないのでしたら、
政府は「条件付きの堕胎禁止令を発布すれば良い」のです。
海外との経済競争力を高めるために僕が提唱するのは、移民とは真逆の
「限定鎖国」です。
現在でも出稼ぎ労働者が日本の雇用マーケットを脅かしております。
これは日本のこれからを作る大学生と失業者にとっては驚異です。
不況が長引いておりますから、見過ごせる問題ではありません。
「現在、外国人労働者は高度人材などに制限」されている仕事は
高額の納税者であれば、国を強くするために役立っております。
しかし今回の政府が実施する移民政策は、有能な人材ばかりの移民ではありません。
国家運営の足手まといになる人材でも数字を合わせるために受け入れるのです。
日本にはシンガポールのように「妊娠したら国外追放」を言える頼もしい政府がありません。
確実に居着きます。今でも外国人による生活保護受給が大きな問題になっております。
そのような外国人の生活費と遊興費は日本人が納めた税金によって支払われています。
それでは日本の主役は誰でしょうか。
政治家ではありません。もちろん外国人でもありません。
「日本の主役は日本国籍を有する一般市民」です。
前例に倣うのであれば、現在のスイスの国防政策がお手本となるでしょう。
小さな国土と少ない人口で独自の要塞国家を維持しております。
幸いなことに日本は島国です。
隣国から離れている利点を活かして、限定鎖国を行い、
少ない人口で日本という国と文化を守っていきましょう。


広告
×
チャイナはチャイナと シナはシナ ピナはピナ としかくっつかない
離婚率70%には訳がある 外国のジジババみたことないだろ チャイナタウン増えまくる
黒人がおとなしいのはテレビのイメージだけだ ペラペラになったら出ないだろ
薬剤師にかね出して介護に出さないなら使用側つけあがるからデフレになる
外人でも平等のナマポ子供加算無限だから
セーフティネット機能しなくなるから黒人暴動で公務員狩り起こって海外脱出 でも朴とおなじ運命
自分がいい暮らししてるからみんなと同じ理論でだまるとか夢見すぎ
報道しないだけで公務員殺人と公務員脱出はザラなんだろ 政権も入れ替わりはげしいし
78ヶ月前
×
コメントありがとうございます。

来日した外国人が日本に居着く条件が緩和されると、同じ国同士で村を作って固まって、同じ国同士の男女が結婚して日本国籍の子孫を作ります。「日本政府と日本の財界は低賃金の労働力の移民を求めている」のですから、彼らの労働環境は原住民の日本人より劣悪なものになります。ただし国際間の通貨レートの差がありますから、彼らは「日本人の経営者はひどい」「日本人が差別する」と不満を言いながら働いて、親兄弟がいる本国に送金をします。そのための「地下銀行」という不正な送金システムができあがっています。

移民政策のせいで地下銀行システムが発展しますと、マネーロンダリングができるため、犯罪組織が発展します。日本政府が犯罪組織の支援を行うような形になります。非高額納税者である移民の労働環境は劣悪ですから、「日本人を嫌いになります」。日本人を憎みながら同じ国から来た移民同士が結婚します。ときどき混血児が誕生しますが、100年先や200年先の日本は「4人に1人以上が移民の国」ですから差別もありません。移民や混血児のほうが、政治権力を握って強くなっていますから、三世代先の日本社会は外国人に支配されています。「日本」の名前も地図から消えて「日本跡地」や「旧日本」から「東アジア共和国」を名乗る無政府国家になっているでしょう。

そして彼らは外国人です。生活習慣が違いますから、強盗も殺人も平然と行います。政権を握れば「日本は無法地帯」になります。移民の受け入れには、絶望的な未来しかありません。現在でも日本人の納税した税金が、外国人に生活保護などの形で流されて大きな問題になっています。日本政府は数字を稼ぐために移民の条件を緩和しますから、不正な受給者数は増え続けます。今の「原住民が日本人で、日本人が安全に暮らせる日本という国」を守るには、移民を阻止するしかありません。今も多くの土地が外国人に買い占められています。小さな土地でも積もれば大きな土地になります。これは「経済を使った侵略行為」です。政府が「強制退去と没収」を実行するだけで地域の占拠を防げます。まずは不法入国者を人道的に帰国させて、「出稼ぎ労働者は妊娠したら国外追放」から真似て、良い社会を築きたいものです。
78ヶ月前
×
奴らが本当に恐ろしいのは徒党を組んだとき
金のためなら正しいことも証拠も捻じ曲げる 現に外人と日本人では離職率が圧倒的に違う
小さな国なら母国の国でマフィア使えば仕送りさえ管理できる
韓国の時給300円とか刑務所の時給30円とかの世界を家買え車買えで押し付ける
77ヶ月前
×
コメントありがとうございます。

法務省によりますと、外国人は「帰化」の手続きで、「簡単に日本人なれる」ようです。私が恐ろしいと思うのは、「帰化」の制度です。制度が作られたときは必要だったのでしょう。しかし、今も必要でしょうか。「帰化」の条件が、あまりにもゆるすぎるのです。

国際法を読んでみたところ、誰でも簡単に帰化できてしまうゆるさでした。判定のときのみ、「政府を暴力で破壊することを企てない」とウソをついていれば、簡単に外国人が日本人になれます。もしも、政府が、大量の移民を輸入して「大量に帰化」させてしまうと、私たち原住民の日本人の社会は終了します。

まずは政府に「帰化制度の廃止」を実施していただきたく思います。外国人の帰化は「テロリストを国内に入れる行為」です。国籍の意味を見直して、水際作戦で母国を守っていただきたいです。そして「日本人になりすました外国人が日本を乗っ取る」ことを防いでいただきたいです。
77ヶ月前
×
この記事から6年経ち、日本の移民政策は悪化の一途をたどってますね。
移民たちが徒党を組んで農家を襲い家畜を奪う。民主党政権では考えられなかった治安の悪化。
何よりおぞましいのは、少子化政策移民政策を必死に行った安倍晋三が「愛国者」として褒めたたえられてる事実です。
未だに上念司や和田政宗・大高未紀・石平などなどの「自称愛国者(笑)」は「安倍様は素晴らしい、
民主党時代は最悪」とおぞましいヨイショを続けています。
当然「移民の犯罪」については一切語りません、彼らのYoutube動画を毎日見てますが、一切触れません。
残念ながら日本と言う国はもう滅んだと私は割り切ってます。
これはニヒルぶって言ってるのではなく、日本人が減り、移民が増え、移民たちが日本国籍を取る。
という事実を目の当たりにしていれば、動かしようのない未来です。
安倍晋三というおぞましい売国奴に政権を与えた結果 ではありますが、おそらく他の誰がやっても
同じようなことになったでしょう。
10ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。