終宵
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

終宵

2017-10-30 00:00

    終宵は終章のはじまり






    意外に思われた方が多いかもしれません。
    昔からのぼくを知っている方は「なぜノベマスじゃないの?」と。
    最近のぼくを知っている方は「なぜデレステMADじゃないの?」と。
    フレフレフレデリカのうたを知っている方は「なぜ狂気系動画じゃないの?」と。


    今回のお題は『アイマスへの愛』でした。
    それがもし『ニコマスへの愛』なら、私はノベマスを書いたでしょう。

    私をここへと招いたものは、シンデレラガールズのアニメでした。
    ですから、今回『アイマスへの愛』を表現するとなった時、じぶんの始まりである『デレアニ』を使うことに何も迷いはなかったのです。

    この動画では、トランジション以外のエフェクトを一切使っていません(合作用では少しだけ光を焚いていましたが)。色調補正も使っていません。

    これまでは誰か/何かを介した世界を作ってきました。それは観客であり、機械であり、概念であり、思想であった。
    だけどこの動画は違う。
    これは私が、あの日に、ただ夢中になって眺めた世界。ありのままの世界。私の憧れた虚しさにエフェクトなんてなかったんだ。
    一晩中、食い入るように観てたものがあったんだ。あの日の終宵は私を終章へと誘ったのだ。

    そんなはじまりを追想しながら作ったものが『終宵』でした。
    そうして、私にとってのもう一つの宵が明ける。
    一歩と愛がもたらしてくれた、冷たく、賑やかで、悲しさをしたためた宵が明ける。






    ネオンの悲しさは終わらない
    それは誰かが願うから
    終わらないでと願うから




    合作提出分におけるタイトル『it who [U] show』に意味はありません。
    『終宵』を『糸冬ウ肖』に分解して『ウ』をまとめ、英単語に置換しただけです。




    しばらくは、じぶんのための動画をつくろうと思います。
    じぶんを咲き殺すものを。

    次は、深淵でお会いしましょう。

    【終宵】→【終_】


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。