マーガレットクライ まえがき
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

マーガレットクライ まえがき

2016-03-25 18:00
    登場人物

    水瀬伊織 いおりん。女媧。

    水瀬学哲 伊織の上の兄。それも私だ。

    水瀬幹希 伊織の下の兄。ハックが得意。

    菊地真 伊織の相棒

    四条貴音 今回の話は百合いおたか

    プロデューサー 本名不明

    ジャンルはきっと架空戦記。
    全Ⅰ〜Ⅳ章、一つの章に付き2〜4節。
    およそ30000文字






    これはまえがきという名の言い訳です。

    読まなくても、特に問題ありません。






    いおたかをやりたい。

    重要なのはそれだけ。

    上の二人の恋人な百合がオッケーなら、

    大半の問題はクリアしています。




    ある日のこと。

    ツイッターで、僕は言いました。

    「能力者アニメの一場面だな!」

    僕が好きだったゲーム、エースコンバットのあるステージ

    「BAG HANT」をネタにしたツイートに対して、です。


    ここからの流れで

    最終的には

    「アイドルマスター」の二次創作で

    能力者ものの話を書こう

    と思い立ちました。


    すでに劇場版を見たあなたなら、思い浮かぶものがあるかもしれません。

    でも、あれとは全く関係なく

    勝手な設定、勝手な世界観で、ということでした。



    道中、

    「デビルメイクライ」「マックスアナーキー」「ラストランカー」「モッドネーション」「三國無双」「スターウォーズ」「ユリシーズ」「白鯨」「シスターズブラザーズ」を経由して

    それらの世界から影響を受けつつ





    話は出来上がりました。

    しかし没になりました。

    アイドルマスターのキャラクターを借りただけの

    二次創作で

    なんというか

    アイドルマスターのタイトルの意味があるのかどうか

    結構、謎だったのです。


    架空戦記ならよくあることなのでしょうが

    ニコマスでは

    何かしらのゲームが元ネタになることが多い架空戦記に

    その戦記でさえ自分勝手なオリジナルとなると

    読者はきっと僕一人だけでしょう。




    一通りやってから没にするのは、よくあることです。

    そういうネタは、

    大抵、手を変え形を変えて

    何かしら別のものとなって復活します。


    今回の話の場合、それは

    「水瀬兄妹の知謀」

    として復活しました。

    あれは兄妹のシリーズの中でも特にファンタジーですが

    それは元々没だったこの話が

    なかなかにファンタジーな話だったからであります。






    全部で30000文字くらい

    ちょっとした小論文ですね。



    素人が書いた無駄に長い文章ですから

    よっぽど時間に余裕があるか

    精神に余裕がある時に

    どうぞよろしく...











    覚悟はいいですか?


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。