夏のホラーゲーム(2019)【第二部】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夏のホラーゲーム(2019)【第二部】

2019-07-21 08:18
    「夏のホラーゲーム2019」

    ■配信タイトル一覧■第二部

    【No11】We Happy Few(Xbox one) 
    発売日:2018/8/10 恐怖度



    本作は第二次世界大戦でドイツに降伏したために敗戦のショックで
    イギリス国民が極度のうつ状態に陥ったという架空の歴史がベースになっている
    「Joy」と呼ばれる薬物の服用によって無理やり躁状態にされた人々が住む田舎町
    主人公はJoyの服用を止めて正気に返ったことで危険分子になってしまう
    他人には自分が“ダウナー”であることを悟られないようにしながら
    町からの脱出を図ることになる。薬で作られた“幸せ”の町から脱出せよ。


    【No12】Back in 1995
    (Xbox one) 
    発売日:2016/4/29 恐怖度


    1995年…今から20年以上前のこと、当時最先端な3Dのモデリングゲーム
    低FPSの挙動、荒いグラフィック、ノイズ交じりのインダストリアルサウンド
    当時のホラーゲームは本当に「怖い」という感想しかない
    勿論昨今のホラーゲーム全般も「怖い」という表現はある
    ただ何故だろうか、あの90年代の作品の方が独特な怖さがある
    そんなあの時代にタイムスリップするような作品が最誕された
    「Back in 1995」はあの頃…90年代リスペクト作品
    不便さを新たなゲーム体験に昇華されるだろう


    【No13】かまいたちの夜 輪廻転生(PlayStation VitaTV)
    発売日:2017/2/16 恐怖度


    サウンドノベルとしてチュンソフトにより94年発売された
    名作「かまいたちの夜」のリメイク作品である
    原作のキャラクターシルエットとはうって変わって
    立ち絵のイラストとノベル部分はフルボイス化されて
    驚くほど変化した作品となっている
    収録シナリオはPS版に準拠しており追加シナリオも収録されている
    プレイ済みだが新鮮な気持ちでもう一度「かまいたちの夜」
    の世界にどっぷり浸かろう


    【No14】Call of Cthulhu(Xbox one)
    発売日:2019/3/28 恐怖度


    本作のタイトルである「Call of Cthulhu」は20世紀前期に活躍した
    ハワード・フィリップス・ラヴクラフトが1926年の夏に執筆した代表作である
    ラヴクラフト氏の友人や後続作家達が自らが創造した架空の太古の神々や魔術書などの
    固有名詞をを互いの作品で共有するというお遊びを通して作成した
    架空の神話大系「クトゥルフ神話」この神話を題材にしとして開発された
    テーブルトークRPGの原題でもある
    今回のゲームはそのテーブルトークRPG版をベースにしたものである
    稀代なSF小説の世界の扉をゲームの中で開こう


    【No15】OK/NORMAL(Steam)
    発売日:2018/6/19 恐怖度測定不能


    本作は90年代ポリゴンゲームにインスパイアされた所謂電波ホラーゲーム
    昔初代プレイステーションでカルト的に人気だった『LSD』似た作品でもある
    大人も子供もお姉さんも電子ドラックでHiになろう


    【No16】闇吹く夏 帝都物語ふたたび(PlayStation)
    発売日:1999/4/8 恐怖度


    このゲーム世界は日常空間である表世界と
    「邪鬼」とよばれる鬼が跋扈する裏世界が存在する
    この2つの世界は相互に関係しており一方での行動が
    もう一つの世界での出来事に大きく影響する
    2つの世界を渡り謎を解き明かせ!


    【No17】雨月奇譚(PlayStation)

    発売日:1996/7/5 恐怖度


    上田秋成の名作「雨月奇譚」を題材にした、妖美と幻想の世界に
    プレイヤーを誘う、シネマティックアドベンチャー作品
    安心、安定、のトンキンハウスクオリティ
    身体は拒んでもあなたの心はもうゲームの世界に掴まれている
    恐怖の体験は2500円で買える

    【No18】霊刻 池田貴族心霊研究所(PlayStation) 
    発売日:2002/1/24 恐怖度


    心霊研究家でもありミュージシャンでもある池田貴族氏が
    プロデュースしたプレイステーション後期にひっそり発売されたホラー作品
    ゲーム内容は池田氏が所長を勤める「池田貴族心霊研究所」を訪れた
    主人公が3DCGで造られた所内を探索し、様々な霊体験をすることで
    心霊に関する知識を深めていくという内容である

    【No19】零〜濡鴉ノ巫女(Wii U)  
    発売日:2017/10/19 恐怖度


    今作で零シリーズ第6作目であり今のところ最新作である
    コンセプトは『Wii Uで体感する濡れる恐怖』一体何が濡れるんだ
    スローガンは『死の山、幽魂、神隠し、すべては水でつながっている』
    グラフィック、演出、システム面で変わっており、特に操作方法に関して
    今回はWii Uのパッドを射影機に見立てるという独自の方法を取っている
    日本独特なジメジメとした恐怖と妖艶で甘美な幻想へと誘われるだろう

    【No20】PsychoBreak2(Xbox one) 
    発売日:2017/10/19 恐怖度


    三上真司の指揮の下、Tango Gameworksの精鋭チームが手掛ける
    サイコブレイク2』前作は限定的な空間で恐怖を煽るデザインに対し
    本作は広いフィールドを探索出来る自由度の高いゲームとなっている
    今作の主人公も前作と同じセバスチャン
    前作よりも主人公の内面だったり物語りにおける
    重要な部分にかなりクローズアップされている






    【No1】バイオハザード RE2※北米版※(XBOX ONE)clear!!
    【No2】デビルマン (PlayStation)clear!! 
    【No3】FAITH:CHAPTER II(PC)clear!!
    【No4】WHITE DAY~学校という名の迷宮~(PlayStation4)clear!!
    【No5】NG(PlayStation4)
    【No6】DARK TALES FROM THE LOST SOUL(PlayStation)
    【No7】クローズドナイトメア(PlayStation4)
    【No8】深夜廻 (PlayStation VitaTV)
    【No9】The Suffering Ties That Bind(PlayStation2/北米版) 
    【No10】大幽霊屋敷〜浜村淳の実話怪談〜(PlayStation)

    【No11】We Happy Few(Xbox one)

    【No12】Back in 1995(Xbox one)
    【No13】かまいたちの夜 輪廻転生(PlayStation VitaTV)
    【No14】Call of Cthulhu(Xbox one)
    【No15】OK/NORMAL(Steam) 
    【No16】闇吹く夏 帝都物語ふたたび(PlayStation)
      
    【No17】雨月奇譚(PlayStation)

    【No18】霊刻 池田貴族心霊研究所(PlayStation)
    【No19】零〜濡鴉ノ巫女(Wii U)

    【No20】PsychoBreak2(Xbox one)





    ※以上全25作品※
    プレイによって支障がでたり不具合が発生した場合
    多少タイトル数が増減したり変更になったりする場合
    もありますのでご了承下さい。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。