一年中(通年)回れる七福神巡り!【浅草名所七福神】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

一年中(通年)回れる七福神巡り!【浅草名所七福神】

2015-11-22 00:46
    11月の某日、七福神巡りをしてきました。
    七福神巡りは意外とたくさんの地域で盛んに行われているようで
    都内だけでも約30か所の地区で巡拝が行われているようです。



    おや?と思う方もいるかもしれませんが「七福神巡り」というのは通常、
    年初めの1月1日~1月7日頃まで行う正月行事です。
    正月行事ですので、この時期に巡拝となると当然正月まで待たなくちゃなりません。
    ですが、調べてみると「1年中巡拝を受けている」、「通年行事化されている」
    という地域も一部ですが確かにあります。
    「浅草名所七福神」以外ですと「鎌倉・江の島七福神巡り」がありましたが
    近場という事もあって、今回については荒川区と台東区を跨いだ
    「浅草名所七福神巡り」をしてきました。



    石浜神社】寿老人(長寿延命、富貴招福)



    一番最初に尋ねた石浜神社。AM9:00にスタートです!鳥居前で一礼!


    おほw まさに神社!ていう風格!手水舎で清めをします!


    橋場不動尊】布袋尊(夫婦円満、財宝賦与)



    細い参道の先に見える感じがいい! 参道の橋を歩いて行きます。


    ここの雰囲気は中々いいです。好きですね!こういうの!


    鷲神社】寿老人(長寿延命、富貴招福)



    鷲神社はたくさんの業者が搬入していました。酉の市が近いよーです。


    うお!提灯で社がみえませぬw


    鷲神社から次の神社に向かう途中、道路に落書きを発見!かわいいw


    侍乳山聖天】毘沙門天(開運厄除、大願成就)



    ここは御朱印を頂く際、社殿の中に入ります。珍しいタイプです。


    恐らく体に不自由がある方ように用意してある乗り物。(昇降機)


    この段階で、ここまで御朱印を授与して頂きました。ちょっと疲れた。


    今戸神社】福禄寿(招徳人望、俸禄増加)



    銀杏の香りがプンプンでしたw 


    ムムム。なんか奥に猫がみえるぞ。。。


    ナデナデしてきました!


    矢先神社】福禄寿(招徳人望、俸禄増加)



    ここは他の神社から離れていて遠かった気がします。住宅地の中にありました。


    どこも造りに特徴があって似てるようで似てない。と思いつつお参りをする。


    吉原神社】弁財天(恋愛成就、学問成就)



    敷地面積は一番小さかったけど立派な社殿でした!


    実は本日2回目の来訪w 1回目の訪問は管理者が不在だったのです。


    ここまでの成果。この後、場所を移動してご飯と長めの休憩を取りました。


    浅草寺】大黒天(五穀豊穣、子孫愛育)



    浅草寺!相変わらず外人さんがいっぱいです!でも、こっちじゃありません。


    御朱印を頂くのはこの「影向堂」で頂きます!


    浅草神社】恵比寿(商売繁昌、除災招福)



    浅草寺の隣にある浅草神社!七五三やってました!


    こっちは人が少なめでした。そして外人さんにガン見されながら撮影w↑


    ふぅ~。9か所全てのお参りが終わりました! ツカレタ

    以上で浅草名所七福神巡りは終了です!
    かかった時間は5時間(徒歩、お参り、撮影、見学、御朱印)
    使った金額は3900円。(内訳:色紙300円、御朱印2700円、お賽銭900円)
    自分の足で歩いて回って、一社一社丁寧にお参りしたせいか
    うん、この色紙、めっちゃご利益あるような気がする!!w
    ところで、七福神の御朱印の文字って押印かと思っていました。
    浅草七福神は全個所、墨と毛筆で丁寧に書いて下さるのですね!スゴイ!
    とても有難い物を頂いた感じでとても満足満足です!
    毎朝、手を合わせるとご利益に預かれると
    神主さんが教えてくださったので、やってみようと思います!


    *もし、この記事を見て「浅草名所七福神」巡りをしてみようと
     興味が沸いた方の為に、下記に参考を載せて頂きました。
     よかったら読んでみてください!


    【浅草七福神】
    七福神巡りの流行したのはその江戸時代からと伝えられているそうです。
    また浅草名所七福神が七つでは無く九つある理由は、
    「九は数の究み、一は変じて七、七変じて九と為す。 
    九は鳩であり、あつまる意味をもち、 又、天地の至数、易では陽を表わす」
    という古事に由来したことによるそうです。

    ・恵比寿 *浅草神社  〒111-0032 台東区浅草2-3-1
    ・大黒天 *浅草寺   〒111-0032 台東区浅草2-3-1
    ・毘沙門天*侍乳山聖天 〒111-0032 台東区浅草7-4-1
    ・弁財天 *吉原神社  〒111-0031 台東区千束3-20-2
    ・布袋尊 *橋場不動尊 〒111-0023 台東区橋場2-14-19
    ・寿老人 *鷲神社   〒111-0031 台東区千束3-18-7
         *石浜神社  〒116-0003 荒川区南千住3-28
    ・福禄寿 *矢先神社  〒111-0036 台東区松が谷2-14-1
         *今戸神社  〒111-0024 台東区今戸1-5-22

    【巡拝する意味】
    年初めに七福神を参拝する事で、不老長寿、商売繁盛、五穀豊穣、家内安全など、
    所願成就のご利益を分けて頂く事を目的としています。
    また参拝の証として御朱印を授与して頂くといった感じです。
    神社巡りと御朱印となるとなんだか厳粛な雰囲気ですが
    七福神巡りについては、そこまで気張らなくてもいいと思います。
    ただし、拝受を賜るのですから参拝作法くらいはちゃんと行うようしたいものです。

    【御朱印(七福神)】
    各七福神巡りで用意されている専用の台紙を最初に訪れた神社で購入し、
    各神社で御朱印を拝受しながら巡拝していく感じです。
    浅草七福神の場合、御朱印の台紙は①色紙、②福絵、③福笹の3種があり、
    巡拝対象の神社ならどこでも手に入ります。
    また、七福神巡りの場合は朱印帳に授与して頂く「神社名の御朱印」とは違い、
    「福神名の御朱印」となります。

                                    

    【神社参拝法】
    ・鳥居をくぐる際には、軽く一礼します。
    ・参道を進むときは参道の中央を進んではいけません。
    ・手水舎で清めを行います。
      ①右手で柄杓を取って、水を汲み左手を清めます。
      ②左手に柄杓を持ちかえて、右手を清めます。
      ③ひしゃくを右手に持ちかえ、左の手のひらに水を受け、口をすすぎます。
      ④水をもう一度左手にかけて清めます。
      ⑤使った柄杓を立てて、柄の部分に水を伝わらせるようにして清めます。
    ・二拝二拍手一拝を行います。
      ①神前に向かって、二回深くおじぎをします。
      ②手のひらを合わせ右手を少し後ろへ下げ、柏手を2回打ちます。
      ③再び深くおじぎをします。


    【参拝受付時間】
    ・元旦:   0時~18時
    ・1/2~1/7:9時~17時
    ・上記以外: 9時~16時


    【巡拝順路】
    ・徒歩で4時間かかるとパンフに書いてありました。
     私はのんびり休憩を何度も挟んだり食事をしたり撮影をしたりと、
     結果5時間かかりました。


    *駐車場の無い神社が幾つかあります。徒歩、またはレンタルサイクル等お勧めします。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。