ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

近況
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

近況

2018-01-20 04:48

    ごあいさつ

    ここ数年、目的ごとにQiitaやらはてなブログやらにアカウントを作って雑文を書き散らしてはいるものの、近況のたぐいはツイッターで十分かな、と思って、ブログ的なモノからは遠ざかっていたAoiMoeでございます。
    このところ個人的にいろいろとごたごたしていたのが、年も明けてやっと一段落したので、久々にブログでも初めてみるかと思った次第。

    転職

    何がごたごたしてたかというと仕事関係でして、こないだ転職しました。

    前職には1999年4月に就いて、ずっとWindows用Xサーバの開発なんてことをやっていましたが、気が付けば18年半も経っていたことになります。……まあ、逆に言うと、Xサーバだけで18年間もよくご飯が食えたなあ、ということでして。2016年ごろから「今すぐというわけではないけど、そろそろ事業畳むので身の振り方を考えておいてね」というような話が出るようになって来ました。そりゃ、一番若いのが私で、残りのメンバはことごとく10年以内に定年になるというような状況なので仕方がない。

    もっとも、転職に舵を切った一番大きな理由は「お前の上司は異動する。異動後にはお前にプロダクトマネージャの肩書を付ける。仕事も当然増える。でも、待遇はそのままな」と言われたことですが。

    ……というわけで、10月から今の会社に勤め始めて3ヶ月が経ちました。43歳で転職できるか不安っちゃ不安でしたが、若いうちに ハッタリの効く 経歴をいくつか作っておくもんですね。前職は全社で60人ほどの会社でしたが、現職は全社で1000人、うちエンジニアが500人というような規模のところです。私のいるところは、自社サービスの基盤クラスタシステムの開発をやっているところで、それなりに仕事はあって忙しいものの、相手をするのが社内のエンジニアだけなので、いつユーザサポートの電話がかかってくるかとビクビクしながら複雑なコードを読まないといけないみたいなことがなく、精神の平穏が保たれている職場です。そもそも自席の周りを見回しても電話が一つもない。働いてる間の9割くらいの時間はコードの読み書きをしてますね。

    まあ、転職先を選ぶにあたって一番重視したのは「午後から出社OK」とかそういうところなので、今の心境を映像にするなら、こういう感じっすね:



    そんなわけで、これからも気が向いたときにはブログを書くと思います。

    • 前の記事
      これより過去の記事はありません。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。