【PSO2 考察集7】ふたりがうまれたそのりゆう【Ep4】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【PSO2 考察集7】ふたりがうまれたそのりゆう【Ep4】

2017-01-21 12:58
    お久しぶりです。Rynaです。
    PSO2を勝手気ままに考察してみる集 第7回です。
    あ、因みに過去6回分はマイリストを参照してください。
    ●マイリスト:PSO2考察集

    さて、だいぶ間が空いてしまいましたが今回は
    『アーデムとファレグさんの正体とは?』
    すなわち
    『二人が生まれたその理由』について
    考えていきたいと思います。
    毎度書いていますが

    【ここより先は考察という関係上 PSO2全編を通した多数のネタバレが含まれます。
     ネタバレが嫌だという方。
     人の考察についてケチをつけたいだけの方はブラウザバックをお願いします】






    …実は前回のストーリー更新より、アーデムを呼び捨てで呼ぶようになりました。
    まぁ…あの裏切りですからね…

    正確には、裏切りというのはあくまでアークス側から見た見方で、アーデムから見れば
    『地球を守り、発展させる』という軸はぶれてないんですよね…
    感情的には許せませんが。


    さて、本題です。
    アーデムそしてファレグさんは何者なのでしょうか。

    ここに迫るため、地球側とアークス(オラクル船団)側を対比してみました。
    まずフォトンとエーテルがほぼ同じ性質をもつものというのが明かされています。
    と、なると
    フォトンを使うためにフォトナーが作り出したのがアークスだとすると
    エーテルを使うためにマザーが生み出したのが地球人なのではないでしょうか?

    では、なぜ近年までエーテルが使えなかったか?
    マザーが眠っていた(アラトロンさんが眠っていたマザーを起こしたと言っていた)
    のもあるのでしょうが、近年まで『エーテルに適合した地球人が生まれなかった』と
    考えることができます。
    オラクル船団でも(忘れられがちですが)フォトン適正を持たず、アークスではない人も
    (描写が少ないものの)多数いるはずです。
    フォトン適正を持たないと言えば、現在はなんと総指令に収まっている「ウルク」もそうですね。(出世したなぁ…ウルク…)

    同じようにエーテル適正を持った地球人(オラクルでのアークスに当たる存在)が地球人全体のごく一部であるということでしょう。

    ここまでを前提としてフォトンとエーテル、そしてその関連事項がほぼ共通だとすると、
    フォトンとダークファルス因子(ここから先は便宜上『ネガフォトン』と呼びます)が表裏の関係であるように、エーテルにもネガフォトンに当たる、『ネガエーテル』があるのではないでしょうか?

    では、ここで本題。
    アーデムとファレグさんの正体は?
    アーデムはマザーを取り込み自身を強化しました。つまり、アーデム自身が強大なエーテルを制御できる器を持っていることになります。
    ここで考えたのが、アーデムは『後にエーテルを使うようになる人類を導くために生み出された存在』ではないか?ということです。エーテルの権化であり…いわばエーテル製【深淵なる闇】…【鮮烈なる光】とでもいえばいいのでしょうか…
    そしてその対になるネガエーテルを使いこなす者(フォトンでいう【深淵なる闇】のような存在)として『ファレグ』さんが生まれた。
    アーデムとファレグさんは互いが互いの抑止力である。

    こう考えるとファレグさんの強さにも納得です。(つまり安藤は相手が素手とはいえ【深淵なる闇】クラスの人に少人数で挑んでいたことになる。安藤を苦戦させたのではなく、ファレグさんが強すぎるんです。シエラが安藤と互角に渡り合うなんて!って驚いてましたが、逆。【深淵なる闇】にたった3人で向き合ってることに無理がある!)


    さて、長々書きましたが、今回の結論。
    ふたりがうまれたそのりゆう は
    エーテルの導き手としてアーデムが生み出され、
    その抑止力としてファレグさんが生まれた。

    いかがでしょうか?
    次回ストーリー更新でファレグさんが何を語ってくれるのか…楽しみです。


    参照ゲーム:PHANTASY STAR ONLINE 2(C)SEGA
    『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
    http://pso2.jp/

    Written by Ryna
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。