目のハイライトの作り方【3DCG(Blender)で日本のアニメ的な表現をする方法まとめ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

目のハイライトの作り方【3DCG(Blender)で日本のアニメ的な表現をする方法まとめ】

2016-07-14 12:00
    前回の記事で、Matcapを使用してノーマルマップを書きました。
    この技術を使うと、いろいろと便利なものを作ることができます。
    今回はその一例として、アニメっぽい目のハイライト部分を作る方法を紹介します。

    ハイライトは光沢なので、スペキュラを設定すればすぐ使えるような気がしますが、
    デフォルトでは、綺麗に丸くなったりしません。
    そこでよく、テクスチャで描いたり、球形のメッシュを置いたりするんですが、
    光源に合わせて動かないので、光沢っぽく見えないという欠点があります。

    今回はスペキュラを使用して、光源やカメラの角度でハイライトの位置が
    きちんと変わるようにしてみます。


    UV球オブジェクトを作り、UVを設定します。
    真上に視点を移動し、編集モードで全選択後【[U]キー > 視点から投影(バウンド)】を
    押してUVを設定します。
    これを眼球にします。


    位置・回転・拡縮でオブジェクトの目の位置に、さっきのUV球を持ってきます。
    先ほど真上だった部分が前面になるようにします。


    新規マテリアルを設定します。
    ディフューズは必要ないので、強度を0にしておきます。
    スペキュラは強度を1に、色も白に設定します。
    ここではトゥーンを使っていますが、別に他の処理でも構いません。
    そっちの方が、いい感じになることも多いです。
    トゥーンの場合はスムーズを0にしておくいいでしょう。


    テクスチャを設定します。
    今回はグラデーションとパスで作った、以下の様なものを使います。
    テクスチャを設定したら、【カラー】と【放射】にチェックを入れます。
    ノーマルマップは前回の記事の方法を使って作ります。虹彩部分を覆うように球オブジェクトを中心に置くだけなので、簡単に作れます。
    これを設定して、【ノーマル】にチェックします。
    【画像のサンプリング > ノーマルマップ】にチェックを入れるのを忘れずにしてください。






    後は、UVの位置を調節して、虹彩部分の大きさを調節します。
    円形のハイライトができていることがわかります。


    ハイライトの位置を任意の位置にずらしたいときは、頂点の法線を変更します。
    AmasawaToolsの機能を使うと簡単に設定できるので便利です。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。