『blend4web』を使ってデジタルフィギュアを作る その1【Blenderの便利なアドオンを超簡単に紹介】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『blend4web』を使ってデジタルフィギュアを作る その1【Blenderの便利なアドオンを超簡単に紹介】

2016-08-16 11:04
    『blend4web』という、Blenderの3DモデルをWebコンテンツ化してくれるアドオンがあるので、これを紹介します。

    練習としてグランブルーファンタジーのサラを、デジタルフィギュア化してみました。
    試しにダウンロードしてみてください。
    サイトの方にも、いくつかのデモがあります。


    インストールが特殊なので、少し説明します。
    まずblend4webのトップページを開き、Downloadsに移動します。


    下のRelease Historyから、CEというファイルとadd-onの2つをダウンロードします。
    CEはダウンロード後、解凍して適当な場所に置いておいてください。


    アドオンは【ユーザー設定 > アドオン > ファイルからインストール】からzipファイルごと選択し、インストールします。
    有効化した後、 【Blend4Web SDK Directory】に先ほど解凍したCEが入っているフォルダを指定します。これでインストール完了です。


    エンジンをblend4webに変更すると、blend4webが使えるようになります。
    【Fast Preview】ボタンを押すと、試しにどんなものできるのかブラウザを使って
    見ることができます。


    【ファイル > エクスポート】からhtmlファイルとjsonファイルを作ることができます。
    これをwebサイトに貼り付けるとwebコンテンツとして使えるようになります。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。