3DCG方面から見る『ガールズ&パンツァー』第三話【ちょっとしたメモ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

3DCG方面から見る『ガールズ&パンツァー』第三話【ちょっとしたメモ】

2018-03-11 22:16
  • 2
ガールズ&パンツァー』の好きなところをまとめた記事(ファンにありがちな過剰な妄想)を、少しずつ書いてます。
今からガルパンを見るって人はAmazonプライムがおすすめです。

3DCG方面から見る『ガールズ&パンツァー』
第一話その1その2
第二話その1その2

3話くらいになると、ようやく戦車が本格的に出てくるようになるので、
ようやく3DCGの話ができます。
3D的に一番おもしろいのはここですね
画像

これ履帯をわざわざ泥のポリゴンで覆ってるんですよね、
テクスチャ変えてるだけなのかなと思ったんですが、きちんとポリゴン使ってますね。
なんかガルパンの3DCGはあまり、テクスチャだけで済ますとかそういう事しないで
ポリゴン使ってますね。
順番に泥がかかるとか、履帯切れるとか、面倒くさい事をためらいなくやってますね。

ポリゴンの粗とかがたまに見えるから、ポリゴンを節約するような方針で作ってるのかな
と思ったのですが、けっこう使うところには使ってますね。
CGWorldとかに書いてありましたけど、大体1戦車100万ポリゴンくらいらしいです。
4号とかは車外装備品が多いので、もうちょっと多い気がします。
画像

それはそうとこの3話は小林敦さんという方が演出・コンテをやってるんですが、
この人のコンテが濃いw圧力が凄すぎるw
6話にアリサがアメコミ風の顔になるカットがありますけど、
それってこの人の絵をそのまま画面に出しただけみたいですねw
画像
画像

小林さんはコミカルの体の動きとか、アニメーション本来のキャラクターの動きで
面白くしていくタイプの演出家のようで、画面のレイアウトで魅せようとする水島監督と
ちょうど真逆のタイプの演出家に見えます。
画像
画像

あと戦車関連の指示が細かいですね。
こんな一瞬のカットでも、手間かかってるというのがガルパンの面白さ。
画像
画像

戦車関連の資料を調べてると、戦車の内部に関する資料が本当に無いんですよね
そのへんはコメンタリーでもフレられてますが。
むしろガルパンが一次資料みたいな感じですねw

このカットって戦車詳しくない頃は、ダー様の御御足に目が言ってましたが、
戦車詳しくなりだすと、後ろの車輪とかサスペンションの方に目が行きますよね
だって、戦車で一番モデリングが難しいのって車輪とかサスペンションですからねぇ…
画像

コンテにも面倒くさいってかいてありますからねw
SHIROBAKOに車輪作りたくないって話が入ってましたけど、そりゃこんだけやってたら嫌になるよなぁ…w
画像

あと、この小林さんって聖グロメンバーには「さま」付けてるんですよねw
オレンジペコにさま付けてる人初めてみた。
小林さんのインタビューがたまにガルパン系の書籍や雑誌に載ってるんですが、
なんかちょっと変で面白いですこの人の記事。
画像

まぁ今日はこんな感じで…。
次回はダー様の話ができるかなと…(←3DCGはどうした!!)

広告
×
神は細部に宿ると言いますが、神が宿るだけあって、細部って大変なんですねぇ。
碌な資料もないのに、わずかなカットにどれだけの労力が込められているのか。
それがガルパンという名作を支えてるんですね。
12ヶ月前
×
普段何気なく見てるアニメですが細部にこだわりがあるんですね。
勉強になります。
12ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。