Cyclesでミクさんの髪の毛を塗る方法【3DCG(Blender)で日本のアニメ的な表現をする方法まとめ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Cyclesでミクさんの髪の毛を塗る方法【3DCG(Blender)で日本のアニメ的な表現をする方法まとめ】

2014-03-20 19:42
    Cyclesは非常にリアルな質感を簡単に作ってくれますが、アニメのような質感も簡単に作ってくれます。しかも、なかなか綺麗です。
    下の画像は私が暇つぶしに制作している初音ミクv3モデルです。(まだ途中ですが)
    今回はこの「髪の毛」に使われているマテリアルの作り方を書いていきます。


    説明のために髪の毛っぽいモデルを作りました。このモデルにマテリアルを設定します。


    【マテリアルタブ > 新規】で新しいマテリアルを作ります。


    【サーフェース > ディフューズBSDF】をミックスシェーダーに変更します。


    もう一つ下のシェーダーもミックスシェーダーにします。


    「なし」となっている所に上から「トーンBSDF・トーンBSDF・放射」と割り当てます。


    別の窓から動画クリップエディタを開き、画像を読み込みます。


    最上段のトーンBSDFをディフューズから光沢に変更します。


    カラーボタン上にマウスポインタを重ねたまま[Shift+E]キーを押すとスポイトになります。
    それを利用して画像から「光沢色」「ディフューズ色」「影色」の3つを設定します。


    これで髪の毛っぽい質感のマテリアルの出来上がりです。「サイズ」「スムーズ」などの値を変更すればより綺麗な質感になります。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。