嘘パースのやり方3 空間に消失点を設置する【3DCG(Blender)で日本のアニメ的な表現をする方法まとめ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

嘘パースのやり方3 空間に消失点を設置する【3DCG(Blender)で日本のアニメ的な表現をする方法まとめ】

2014-03-31 22:12
    以前扱った嘘パースのやり方2の続きです。
    ワープを使えるようになると、より簡単に嘘パースが使えるようになります。





    ラティスにワープモディファイアを追加し「元」「先」「強さ」を設定すれば完了です。


    「先」が消失点になります。
    「元」を中心にパースが変形したような歪み方をするようになります。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。